生活・ライフスタイル

急性心不全の原因が若い時と高齢者の違いは?生存率はどれくらい?

Pocket

スポンサードリンク

急性心不全の原因が若い時と高齢者の違いは?生存率はどれくらい?先程、緊急ニュースで大人気バンド「Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアーアンドロージングインラスベガス)」のベーシストのKeiさんの急性心不全による訃報が発表されました。

 

ベガスの愛称で、アニソンや昨年も年末の大型フェスCDJにも出演されていたベガス。

 

そんな中で、今回の突然の訃報にツイッター上などのネット上でも驚きと悲しみの声が大きく上がっています。

 

私も、YOUTUBEなどでテンションを上げる時によく聞いていたので、今回の報道は非常に悲しいです。

 

今回、死因として発表された急性心不全の原因は若いと高齢者では、違いはあるのでしょうか?

 

ニュースなどで、急性心不全が原因で若いうちに亡くなってしまう訃報を見るたびに、気になっていたので今回は今後の対策としてまとめてみました。

 

急性心不全の原因が若い時と高齢者の違いは?生存率はどれくらい?を紹介していきます。

急性心不全とは?慢性心不全との違い

心不全(しんふぜん)とは、全身に血液を送り出すポンプの役割をしている心臓の機能が急激に低下してしまう症状となっています。

 

急性心不全とは、急激に心臓の働きが悪くなってしまう症状となっています。

 

心不全の状態が、慢性的に続く状態は慢性心不全と言います。

 

急性心不全と慢性心不全では、急性心不全はほとんど入院になり、慢性心不全は心臓の機能が低下しても日常生活が一応送れている状態のようです。

 

心不全の症状は、心臓の機能が低下していることで全身に十分な血液の循環が行われないことで、症状が重くなってくると身体を動かすだけで息苦しくなってしまいます。

 

最終的には、安静にした状態でも夜中に咳が出たり、息が苦しくて眠れないなど不眠症や疲れがとれないなどの症状もあるようです。

 

昨年2018年も、俳優の大杉漣さんが2月に急逝された原因も急性心不全でした。

 

今回のベガスのKeiさんも大杉漣さんも同じですが、前日などに普段と変わらない生活を送っていても突然亡くなってしまう恐ろしい症状です。

スポンサードリンク

急性心不全の生存率は時間が勝負

急性心不全の生存率は、症状発症から病院に到着までの時間が生存率が大きく分けるようです。

 

発症後、一時間以内に病院に到着しなかった場合の3~5割が死に至ってしまうと言われています。

 

しかし一時間以内に、治療を開始出来ていた場合は95%は助かると言われています。

 

そのため、心不全の症状が見られた際は早急な対応が必要となってきます。

急性心不全の原因で若い時と高齢者の違い

急性心不全が、突然発生する恐ろしい症状ということを先程記述させていただきました。

 

続いて、急性心不全の原因や、若い時と高齢者で違いはあるのか調べてみました。

 

まず急性心不全の原因ですが、主な原因として多いのが風邪やストレス、過労、急な薬の中断などがあるようです。

 

さらに高血圧や、不整脈など元々心臓に負担をかけやすい病気を持っていると、心不全になる可能性が高いようです。

 

その他にも、糖尿病や脂質異常症、過度な飲酒、タバコなど普段から注意喚起されているものも、悪化させる一因となっているようです。

 

急性心不全の原因を見てみると、若い時と高齢者で大きな違いは無さそうですが、長く生活を送ってきた部分の蓄積や、加齢による身体機能の低下などは違いと言えるかもしれません。

スポンサードリンク

急性心不全の原因を若いうちから予防する対策

急性心不全の症状や、原因を知って次に気になるのが予防の対策。

 

急性心不全は、高齢者だけの病気ではなく今回のKeiさんのように若い人でも突然なる可能性が十分ありえます。

 

予防方法としては、先程の原因でもあげた喫煙や、過度な飲酒、糖尿病や脂質異常症を抑えるために運動不足の解消として、少しずつ身体を動かすように心がける

 

一日のタバコの本数や、飲酒の量を減らしたり、休肝日を作る。

 

このように、理想的な健康生活として想像しやすい行動を若いうちから少しずつ改善していくことで、心不全の予防対策になっていくと思います。

 

運動する時のBGMに、ベガスを聞きながら取り組むとテンションが上がっておすすめです!

まとめ

・心不全とは心臓の機能が急激に低下することで起こる症状
・急性心不全とは、急激に心臓の機能が低下する症状
・急性心不全の発症から、一時間以内に処置を受けれるかで生存率が大きく変わる
・急性心不全の原因は、過度な飲酒や喫煙など日常から注意換気されているものもある
・予防策として、禁煙や飲酒を抑える、適度に運動する

 

前日まで、普段と同じ生活を送っていたのに突然この世からいなくなってしまう可能性がある急性心不全。

 

若いからかかりづらい病気ではなく、年齢関係なく発症する可能性がります。

 

今回の訃報や、昨年の訃報もそうですが大好きな方が亡くなってしまった原因を知ることで、一人でも多くのかたの予防や注意換気になればと思います。

 

私も、飲酒や喫煙はありませんが日頃の食事や運動を気をつけて心不全の予防対策をしていこうと思います。

 

急性心不全の原因が若い時と高齢者の違いは?生存率はどれくらい?は以上です。

スポンサードリンク