トミージョン手術は失敗すると大谷選手も選手生命引退の危機?

野球
Pocket

スポンサードリンク

トミージョン手術は失敗すると大谷選手も選手生命引退の危機?2018年から、念願だったメジャーリーグのエンゼルスに移籍した大谷翔平選手。

 

国内では規格外の選手として、投手も野手もバッチリ成績を残す二刀流として大人気のスター選手でした。

 

メジャーでは、二刀流はどうなるか不安視されていましたが、いざ開幕してみると日本のときと変わらずにメジャーでも二刀流で大活躍をされています。

 

すでに、メジャー1年目の日本人最多ホームラン数を絶賛更新中など力を発揮していますが、投手としてはトミー・ジョン手術を受けることが発表されて、今シーズンの登板はないようです。

 

プロ野球のニュースなどで、よく耳にする機会がある「トミー・ジョン手術」とは、一体どういったものなんでしょうか?

 

また、失敗すると大谷選手の選手生命は引退の危機などはあるのでしょうか。

 

今回は、トミージョン手術は失敗すると大谷選手も選手生命引退の危機?をまとめてみました。

 

【おすすめ記事】

>>シュウウエムラ(shu uemura)クリスマスコフレ2018の値段と発売いつ?パレットも可愛すぎる!

>>ufotableがアイドリッシュセブンのZOOL(ズール)担当で期待感しかないMVはいつ公開する?

>>ヒプノシスマイク2ndLIVE@シナガワのセトリまとめヒプマイ最新情報2018

>>札幌のクリスマスイベント子供も楽しめる厳選おすすめスポット2018

>>セブン銀行ATMコンシェルジュが豪華男性声優によって乙女ゲー化?!小野友樹の他出演一覧と設置場所まとめ

トミー・ジョン手術とは。大谷選手の復帰の時期はいつ頃?

トミー・ジョン手術とは、損傷してしまったじん帯を切除してから足首や、手首などの他の部分の正常な腱を損傷した箇所に移植する手術のようです。

手術の際に、移植される正常な腱などは自分の体の怪我の箇所とは違う箇所を使っています。

 

日本では、じん帯再建手術とも呼ばれています。

トミー・ジョン手術の名前の由来は、当時ドジャースに所属していたトミー・ジョン投手が1974年に手術を初めて受けたことが由来です。

 

一般的に野球選手の投手が受けるイメージが強いですが、やり投げの投げる競技の選手も受けることがあるようです。

 

今回、トミー・ジョン手術を受けることが発表された大谷選手も、利き腕である右肘のトミー・ジョン手術を受けます。

 

手術を受けた場合に、大谷選手が投手として実践復帰するまでに12ヶ月~15ヶ月ほどかかるので、来シーズンは野手に専念して2020年のオリンピックイヤーに、順調にいけば投手として復帰もあり得るようです。

 

ちなみに野手の場合は、投手に比べて投げる回数も少ない影響か復帰が早いようです。

 

手術後の大谷選手もDHとして、復帰もあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

手術の成功率はどれくらい?

トミー・ジョン手術の気になる手術の成功率ですが、一番最初にトミー・ジョンさんが受けた当時が1%未満でした。

 

しかし現在では、手術後にメジャーに復帰した投手が83%、メジャーの下のマイナーまで含めると97%もの投手がトミー・ジョン手術後に、復帰を果たしたようです。

 

そのため、大谷選手の手術も成功する確率は非常に高いと思われます。

 

日本の選手は、アメリカや中南米の選手に比べて術後の経過が時間がかかるようなので、焦らずにゆっくりと二刀流を復活してほしいですね。

過去にトミー・ジョン手術を受けた日本人の選手

大谷選手の前にトミー・ジョン手術を受けた日本人のメジャーリーグに所属していた選手をまとめてみました。

・大塚晶則
・田澤純一
・松坂大輔
・和田毅
・藤川球児
・ダルビッシュ有

・五十嵐亮太

2018年9月の時点では、7人の選手がトミー・ジョン手術を受けた経験があるようです。

 

大塚晶則選手は、なんと3度も受けるほど怪我に悩まされていたようです。

 

手術後にリハビリや、時間を置く必要があるので何度も受けるのは、可能性がある限り挑戦する気持ちからなのでしょうか。

 

日本のプロ野球選手を含めると「マサカリ投法」で有名な村田兆治選手など、50人以上も手術を受けているので手術への抵抗は今は少ないのかもしれませんね。

スポンサードリンク

手術に失敗した場合は引退の危機?

現在では、リハビリなどの技術が発展したことで、成功率が高くなったトミー・ジョン手術。

 

しかし、手術とは必ず成功するものではなく何が起きてしまうかわかりません。

 

もし失敗してしまった場合、選手生命はどうなってしまうのでしょうか?

 

大谷選手の今後も気になるので、手術が失敗した時を調べてみました。

3度の手術を受けた大塚晶則選手の例

先程も記述しましたが、3度もトミー・ジョン手術を受けた大塚晶則選手。

 

選手としては、近鉄バファローズで抑えとして活躍した後に、中日ドラゴンズへ移籍し、その後メジャーへ渡りました。

 

手術を受けた後に、投球練習を再開したところ肘に痛みがあり復帰が出来ず、再手術

 

そして、この再手術も成功せずにメジャーのマウンドを去ったようです。

 

その後、リハビリを続けながら3度めの手術を受けましたが、利き腕の右肘の状態が良くならず最終的に独立リーグで引退を決意されました。

 

メジャーリーグに所属している選手では、他にもトミー・ジョン手術後も症状か改善せずに痛みや、再度手術するなど失敗例もやはりあるようです。

 

大谷選手の手術は、どうなるかわかりませんが今シーズンの松坂選手のように辛抱強く続けていけば、復活する可能性もあるのでまずは成功を願いたいですね。

スポンサードリンク

トミー・ジョン手術で球速が前より速くなったって本当?!

本来、怪我をした時の手術として執行されるトミー・ジョン手術。

 

しかし、手術をした後に球速が上がった!など噂があることから、正常な状態でも手術をするべきだと考える人が増えているようです

 

実際に手術後に、球速が上がった選手がいることも事実のようですが、統計的に見てみると全体では球速が以前よりも落ちてしまうことが多いようです。

 

やはり球速を上げるためには、地道な努力とトレーニングが必要となってくるので、正常な状態であればまずは基礎から磨くのが一番ですね。

スポンサードリンク

まとめ

メジャーでも、二刀流旋風を起こしている大谷選手。

 

イチロー選手のようなメジャーでも、レジェンド級の選手になりそうな期待が集まっています。

 

トミー・ジョン手術を受けることで、現在よりも良くなる可能性も考えられるので今後の経過を見守っていきましょう!

 

トミージョン手術は失敗すると大谷選手も選手生命引退の危機?は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ボジョレーヌーボー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。