暑さいつまで続く?9月の残暑2018年暑すぎ終わりの目安

残暑
Pocket

スポンサードリンク

暑さいつまで続く?9月の残暑2018年暑すぎ終わりの目安2018年の夏は、異常なペースで発生する台風と40℃近くを記録する猛暑が続く、災害級の天候となりました。

 

8月も最終週に差し掛かり、暦上ではいよいよ夏も終わり・・・。

 

しかし、最近はまた気温が30℃台後半を記録しています。

 

この暑さはいつまで続くの?9月の残暑の落ち着く目安を調べてみました。

 

【関連おすすめ記事】
>>熱帯夜の対策をエアコンなしで出来るエコな手段で考えてみた

>>寝苦しい熱帯夜!扇風機だけで対策は出来るの?

>>熱帯夜で寝れない赤ちゃんのためへの知っておきたい対策

>>これで夏を乗り切ろう!汗対策のおすすめグッズ種類別まとめ

>>夏に気になる汗の臭いの対策方法とは!?

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

暑さいつまで2018年9月

この異常な暑さは、一体いつまで続くのか・・。

夏は、暑いのは何度も味わっていますが、2018年のものは別格です。

 

質問をするヤフー知恵袋でも、暑さのピークについての質問が多く聞かれていました。

 

例年の夏の暑さが落ちついてくる目安としては、9月の秋分の日以降のようです。

 

8月下旬に日本気象協会が、発表した予測によると2018年はやはり平年に比べて、平均気温が高くなるようです。

 

最高気温が、35℃以上を超える猛暑日は2018年8月28日以降からは、ほぼ無くなると予測されています。

 

しかし、猛暑日は避けられても33℃くらいの最高気温もあるようなので、9月に入ってもまだまだ安心できませんね

 

2018年の暑さは、9月の上旬までは確実に続くと思われます。

スポンサードリンク

残暑の暑さ対策おすすめグッズ

ココからは、まだまだ治まりそうにない暑さ対策で外で使えるおすすめをまとめました。

冷却タオル

暑さで火照った体を冷やす時に、首元などを冷たいものを当てると思います。

 

冷却タオルは水で濡らして絞るだけで、簡単にひんやり気持ちがいい冷却になります。

 

冷たさを感じなくなっても、また水で濡らして絞るだけで、何度も使えるのがポイントです!

 

肌に触れる製品のため、防腐剤や薬品、樹脂などは一切使っていないので安心して利用できます。

 

この商品の冷却時間は、気温にもよりますが1~4時間ほど持続するようです。

 

外での暑さ対策に、何度も使える冷却タオルはおすすめです。

首もと氷ベルト

首もと氷ベルトは、冷却タオルと同じように首元を冷やして使う暑さ対策グッズです。

 

この商品は、カバーを冷却タオルと同じように水で湿らせて、カバーの中に専用のジェルパックを凍らせて入れることで、冷凍&冷蔵のWの冷たさを体感できます。

 

実際に使用しているサラリーマンの男性の口コミでは、通勤に使っていて猛暑の暑さ対策に購入したようです。

 

首に巻いているため、少し目立つかもしれませんが家から会社までの電車も含めて利用して、今まで汗だくだった満員電車を快適に乗れているようです。

 

職場に行く前から、汗だくだと朝からテンションが落ちてしまいます。

 

夏の暑さは、まだまだ続くので試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

ボディーウォーター

冷却スプレーや、シートなどでもお世話になるGATSBYさんの商品です。

 

この商品は、クール感がとても強いので刺激に注意書きがされるほど、体感効果が高いようです。

 

火照った体でも一瞬で冷却して、一度使用するとしばらくクール感が長く続くようです。

 

夏の汗で気になる臭い対策としても、香りがアイスフルーティー、アイスオーシャン、アイスシトラス、無香料の4種類から好みで選べるようになっています。

 

ボディーウォーターなら、見た目を気にせずに利用出来るので、オシャレ好きな方におすすめな暑さ対策グッズです。

首掛け扇風機

首から掛けて携帯できる扇風機です。

 

首に負担が少なく配慮されていて、重さわずか165gとなっています。

 

構造としては、本体の正面の空気を吸い込んでから、上部の顔に向けて送風される仕組みとなっています。

 

値段も手頃なため、お試して利用してみるのもおすすめです。

身につける携帯エアコン「ウェアコン」

先程の首掛け扇風機が、更に高性能となった携帯エアコン「ウェアコン」。

 

予めウェアコンを充電しておいてから、首をつつむようにセットして使用します。

 

エアコンのため、暑さ対策の冷気だけではなく、寒さ対策の暖房機能まであるので、幅広い季節で利用が可能です。

 

人体工学に基づいているため、首周りが気になる人でも安心して利用できます。

 

またウェアコンを使用することで、筋肉をリラックスし血行の流れも良くなる効果まであります。

 

アイスパックなどの暑さ対策グッズと比べても、実際に利用してベタベタ感もなく炎天下の現場仕事の人にも、欠かせないほど喜ばれているようです。

 

購入者のレビューも高めで、人気ユーチューバーも紹介しているようので、動画で使用感を見るのもいいと思います。

暑さだけなく、寒さ対策にも使えるウェアコンはかなりおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

うんざりするほどの猛烈な暑さ。

9月のいつまで続くのか、まとめてきました。

 

予測としては、9月の秋分の日を目処に残暑も落ち着くようです。

 

しかし、平年よりも気温はしばらく高いようなので、今回の紹介した暑さ対策グッズなどでしっかり準備しておきましょう!

 

暑さいつまで続く?9月の残暑2018年暑すぎ終わりの目安は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 洗濯
  2. 情報ネットワーク
  3. 避難

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。