会社の帰宅命令の基準はどこから?異常気象で帰れないのはマジ?!

この記事は3分で読めます

台風
Pocket

スポンサードリンク

会社の帰宅命令の基準はどこから?異常気象で帰れないのはマジ?!平成最後の2018年の夏は、連日の記録的な猛暑や、定期的に発生する台風。

 

更には、雨が冠水してしまうほどの記録的な豪雨など、異常気象だらけとなっています。

 

日本各地で、現在も復旧中の場所もあるなど、多くの方の生活にも影響を与えています。

 

そんな中、また発生した台風が関東圏内に接近したことで、連日台風などの報道がされています。

 

学生の頃などは、台風などの異常気象の際は学校休校や、時間をずらして登校などがありましたが、働いている社会人はどうなんでしょうか?

 

たびたび話題になる、日本はブラックすぎてどんな状況でも会社が休めないなど、目にしますが実際はどうなんでしょうか?

 

今回は、気になる会社の帰宅命令の基準はどこから?異常気象で帰れないのはマジ?!を紹介していきます。

 

【おすすめエンタメ記事】

>>高校野球総選挙2018の清原元選手の順位が予想外?!松坂や松井の順位は?

>>サクレとアイスボックスの家で作り方で氷手作りで販売休止を乗り切ろう!

>>おげんさんといっしょ次回放送と放送時間はいつ?第二弾ゲストを予想してみた

 

帰宅命令の基準

帰宅命令(きたくめいれい)とは、台風や豪雪、地震などで社員や従業員が自宅に帰れない帰宅難民を防ぐため、会社などが帰宅することを命令することです。

 

学生の頃の、学校休校の雰囲気に似ていますが、社会人の場合は並に台風などでは、なかなか命令されることなく通常通りに勤務することが多いです。

 

帰宅命令の基準ですが、現在明確な基準などはないようです。

 

しかし、帰宅命令の状況によって会社に手当の支払いなどは発生するため、その状況で差がありそうです。

スポンサードリンク

手当あり

・異常気象などを警戒して、事前に会社命令で帰宅を指示した場合は、休業手当の支払いがあります。

手当なし

・異常気象によって、会社にすでに影響が出ていて、仕事にならないために帰宅命令を会社が出した場合、手当は発生しません。

・異常気象を警戒して、指示を受ける前に社員や、従業員が自己判断で帰宅した場合も、手当は発生しません。

 

帰宅命令の手当は、自己判断か会社からの指示か、または業務が出来る状況かなどが、手当の判断基準になるようです。

スポンサードリンク

帰宅命令によるメリットとデメリット

ココからは、帰宅命令によるメリットとデメリットを挙げてみました。

メリットデメリット

引用元:https://www.photo-ac.com

帰宅命令のメリット

・会社の命令による帰宅のため、ひと目を気にせずに時間を使うことが出来る

・通常よりも早く帰宅できるため、家事や家の中の片付けなどができる
・早く帰れる

デメリット

・他の会社などと帰宅命令が被った場合、帰宅ラッシュに巻き込まれる可能性がある
・早く帰宅できるが、異常気象のため、家に帰る以外の選択がなかなか出来ない
・残った分の仕事が、別日に繰越になるため忙しくなる

 

早く帰れることは、やはり嬉しいですがメリットがあれば、デメリットもやはりあるようです。

 

異常気象は、やっぱり発生しない方が良いですね。

スポンサードリンク

異常気象なのに帰れないんだけど・・

SNSを見ていると、帰宅命令が出ている人や、全く出ない人でバラバラなようです。

 

同じ国内で近い地域で、生活を送っているのに差があるとツライですよね。

 

そもそも帰れない人たちは、会社に泊まるのでしょうか?

 

以前、都内に勤務していた友人は、東日本大震災による地震で、帰宅難民になった際は、会社の支払いでホテルなどで生活をしていたようです。

 

社員のために、そこまでしてくれる会社なら、少しはマシかもしれないですね。

配送業は休みになるの?

ココで、元宅急便ドライバーの経験を少しお話します。

 

基本的に、台風や、雪、地震など関係なく荷物が存在する限り、配送業は休むことはありませんでした。

 

台風の大雨の中、荷物が濡れないようにカバーをつけて配達したり、計画停電などで、足元すら見えない真っ暗な団地を配達したこともあります。

 

停電中は、インターホンを使えないことが多いでの、本当に色々苦労しました。

 

異常気象の影響によって、配送トラブルで時間指定が送れる可能性がありますが、基本的に荷物は配達されると思って、大丈夫です。

スポンサードリンク

まとめ

帰宅命令の基準などを調べてきましたが、実際には明確な基準はないようですね。

 

会社としてみれば、やはり手当の支払いなく、仕事をしてほしいのも本音だと思います。

 

連日の異常気象が続いていますが、今後も業務に支障を影響を与えないために、早めに帰宅命令が出るのを願います。

 

会社の帰宅命令の基準はどこから?異常気象で帰れないのはマジ?!は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。