読書感想文の書き方で低学年1200字を簡単に済ませるコツ

Pocket

スポンサードリンク

読書感想文の書き方で低学年1200字を簡単に済ませるコツ

小学生の夏休みの宿題といえば、「読書感想文」が定番だと思います。

 

読書感想文は、好きな本を読んでその感想を書く「自由図書」と、指定された本から選び、その感想を書く「課題図書」があります。

 

「読んだ本の感想を書くだけ」と思われているからか、読書感想文の書き方の授業などは、あまり聞いた事がありません。

 

簡単そうに思えて、実は奥が深いのが、読書感想文です。

 

特に、小学校低学年という年齢は、文書を書く事がまだ苦手な子が多いです。

 

その低学年の読書感想文の指定に、「1200文字」という指定があった場合、どのようにして書き進めていけばいいのかを悩む子も多いと思います。

 

今回は、そんな低学年の子向けに読書感想文の書き方で低学年1200字を簡単に済ませるコツを紹介していきます。

 

【関連おすすめ記事】

>>読書感想文の書き方で低学年最後の難関を簡単に済ませる方法

>>読書感想文の書き方で低学年は題名が長い事が多い

>>読書感想文の書き方で高学年おすすめの終わりの書き方

>>読書感想文の書き方おすすめ低学年の見本まとめ

>>読書感想文の書き方の低学年向け課題図書紹介と書くコツ

>>読書感想文の書き方で低学年おすすめのタイトルのつけかたまとめ

 

規定の文字数は大体どれくらい?

読書感想文は、原稿用紙に書いて提出することがほとんどです。

 

一般的に使われているのが400字詰めの原稿用紙で、読書感想文コンクールでは、各学年ごとに文字制限数というのを設けています。

 

「小学校低学年」800字、「小学校中学年」1200字、「小学校高学年」1200字、「中学生」2000字です。

 

コンクール入賞者は、ほとんどが文字制限数の9割の字数で、仕上げています。

 

この数字を見て分かる事は、小学校低学年で1200字という設定は、かなりハードルの高い部類に位置付けられます。

スポンサードリンク

文字数で採点基準が決まる?

「別にコンクールには出さないから」と、考える人もいるでしょう。

 

しかし、宿題を提出する事は、それなりの採点が行われます。

 

一般的な、作文試験の文字数に対する評価をAE5段階評価で示すと

A評価「9割」、B評価「8割以上9割未満」、C評価「5割以上8割未満」、D評価「3割以上5割未満」、E評価「3割未満」

という感じに設定されています。

 

もちろん文章力によっても、評価は異なりますが、1200文字が制限文字数であれば、A評価を得るには、少なくとも1080文字を書くという事になります。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方(構成の仕方)

小学生

引用元:https://www.photo-ac.com

文字数を気にして書くことも必要ですが、「感想文を書く目的」と「感想文の構成」を理解することが大切です。

 

特に、「感想文を書く目的」というのはとても重要で、ただ何となく本を読むよりも、目的を明確にして本を読む方が断然書きやすくなります。

 

目的とは、「本から感じたことを実際にどう活かすか!?」という事です。

 

この目的を頭に入れて本を読む事で、感想文が書きやすくなります。

 

構成としては、「本のあらすじ」に200字程度、「本を読んで感じた事」に500字程度、「この本を読んで感じた事を実際にどう活かしていくか」に400字程度という風になります。

スポンサードリンク

まとめ

小学校低学年に1200字という設定は難しいでしょうが、学校によっては、文章に力を入れている学校もあるはずです。

 

しかし、低学年という年齢を考慮した時に、これを一人で行うのは至難の技で、保護者の手助けがが必要になるかもしれません。

 

一緒に本を読んであげたり、子どもに対して、構成に当てはまるような質問を行い、それを紙に書いてあげる。

 

それを見て、子どもが文章にまとめるといった形で進めると、スムーズで良いでしょう。

 

「自分でさせる」ではなく、「自分でできるための援助を行う」という感覚を保護者は持つと良いと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 仮装
  2. ハロウィン
  3. 東京国際展示場
  4. ハロウィンの猫
  5. コスメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。