読書感想文の書き方で高学年向けシートで簡単に片付けよう!

この記事は3分で読めます

読書感想文
Pocket

スポンサードリンク

読書感想文の書き方で高学年向けシートで簡単に片付けよう!

文章を書く事が苦手な子は、「読書感想文」という宿題を課された時には、かなり憂鬱だと思います。

 

さらに小学校高学年にもなると、制限文字数も1200文字となり、より高度な感想文が求められます

 

そんな困った!を解消するおすすめアイテムが、「シート」です。

「シート」とは、あらかじめ質問が書かれたシートに、本を読んだ後に答えていく。

 

それを、文章化していくという物です。

 

文章を作る事が苦手な人は、文章の構成を考える事が苦手なので、活用していくと良いでしょう。

 

「学研」や「公文」など、様々な業者が読書感想文の書き方として、シートを作成しています。

 

今回は、読書感想文の書き方で高学年向けシートで簡単に片付けよう!を紹介します。

 

【関連おすすめ記事】

>>読書感想文の書き方で低学年最後の難関を簡単に済ませる方法

>>読書感想文の書き方で悩む高学年のための例文まとめ

>>読書感想文の書き方で高学年おすすめの終わりの書き方

>>読書感想文の書き方おすすめ低学年の見本まとめ

>>読書感想文の書き方は高学年向けテンプレートを使えば簡単です!

 

読書感想文を書く時に意識する事

読書感想文を書くポイントとしては、「本の内容と、自分の経験を結びつける」という事が、大切です。

 

文章作成が苦手な人は、本のあらすじをダラダラと書いたり、「おろしろかった」「かわいそうだった」という、自分の感想だけで終わってしまいがちです。

 

例えば「走れメロス」を題材にした時、「最後はセリヌンティウスが助かったので、嬉しかったです。」で終わる感想文と、「最後はセリヌンティウスが助かったので、嬉しかったです。私も小さな約束からしっかりと守るようにして、メロスのように、約束を守る事で人々に感動を与えられる人になりたいです。」という風に、本の内容に加えて、自分の経験や本を読んだ後に起こる、「感情の変化」を書くと、より引き締まります。

スポンサードリンク

シートを活用しよう

文章を作成する際、大きく3つに分ける事ができます。

 

それは

・始め
・中
・締め

です。

 

シートも、この3つから構成されているので、ぜひ参考にして下さい。

※○○部分に答えを書きます※

始め

「私は○○○という本を読みました」※本の題名

 

「この本を選んキッカケは、この本が○○○からです」※選んだ理由

 

「この本は○○○が主人公の物語です。○○○は、○○○人です」※名前と、どのような人か?

 

「そして、○○○は、○○○で、○○○をします。」※どんな理由で、どんな事をするのか?

 

この部分を埋めて文章化する事で、読書感想文の「始め」の部分が完成します。

スポンサードリンク

「私がこの本で一番心に残った部分は、○○○が、○○○をした部分です。」※誰が何をしたのか?

 

「私はこの部分を読んで、○○○と思いました。」※感想

 

「なぜなら、私にも○○○と同じようなことがあり、その時に○○○をしたからです。」※誰と同じ事があり、どのような思いをしたのか?

 

この部分を埋めて文章化する事で、読書感想文の「なか」の部分が完成します。

 

この部分は、感想文の重要な部分なので、文字数も多く使います。

 

「誰と同じ事があり、どのような思いをしたのか?」この部分を繰り返し使用し、内容を濃くしていきます。

宿題

引用元:https://www.irasutoya.com

締め

「私はこの本から○○○を学びました。」※どのような事を?

 

「これから○○○と思います。」※どうしたいか?

 

この部分を埋めて文章化する事で、読書感想文の「締め」の部分が完成します。

スポンサードリンク

まとめ

文章構成が苦手な人が、1から作り上げるのは、至難の技です。

 

しかし、このようなシートを活用する事で、ある程度の構成が出来上がるので、とても便利で、進めやすくなります

 

また、読書感想文用のシートは様々な種類があります。

 

自分に合ったシートを探してみても良いですし、上記で紹介したシートを応用して使っても大丈夫です。

 

シートの使い方に決まりはないので、自分が書きやすいようにアレンジしていくのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 七五三の女の子
  2. 化粧品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。