着物の着付け男女の違いはどこ?違いをまとめてみた

この記事は2分で読めます

着物
Pocket

スポンサードリンク

着物の着付け男女の違いはどこ?違いをまとめてみた

日本文化の着物ですが、着付けについて男女に違いがあります。

 

男女の着付けの違いとは、いったいどんなものでしょう?

 

今回は、着物の着付け男女の違いはどこ?違いをまとめてみたを紹介していきます。

 

【関連記事】

>>七五三でいつ2017年はお参りをすればいいの?早生まれで違う?

>>七五三の親の服装はユニクロの服で行っても大丈夫なの?ママに人気の服装まとめ

 

着物には男性用と女性用がある

着物は、仕立て方、着方に男女の違いがあります。

 

基本的に、着物に男女兼用というものは存在しません

着物には、身丈、着丈というものがあります。

 

身丈とは、着物を床に広げて置いた時、肩から裾までの長さの事をいいます。

 

男性は、実際に着物を着たとき、身丈と着丈が同じ長さになります。

着物

引用元:https://www.photo-ac.com

そして女性用ですが、腰で「おはしょり」を作って、丈を調節します。

 

そのことにより、身丈は着丈より長くなります。

 

常に、「おはしょり」を作るので、男性用と同じく対丈にしてしまえばいいのに。

 

と思う方もいるかもしれませんが、着物は昔、他人の手に渡る機会が多かったため、他の方に渡った時でも、着回しできるようにということだそうです。

スポンサードリンク

着付けの違い

では、実際に着付けの違いを紹介していきます。

 

最初に、これは先ほど言いました、「おはしょり」です。

 

女性は「おはしょり」をしますが、男性はしません。

首回り

男性の着付けは、衿は首に沿わせます。

衿を、首周りに立てるようなイメージです。

 

対して、女性は首から少し離します。

ここで、離しすぎは注意です。

 

そして、これは男女共通で、絶対やってはいけないことが、衿の合わせを間違えることです。

 

着物は、「右前」です。

左前は、「死人合わせ」といいます。

 

これは亡くなった方の装束の着方ですので、間違わないようにしましょう。

スポンサードリンク

女性の帯には、男性同様に「角型」、「兵児帯」、明治時代から使われている「半幅帯」、「八寸名古屋帯」があります。

 

男性用、女性用の帯の違いは、帯の幅、高さが違います

 

男性は帯が低く、女性は高くなります。

 

男性は腰辺りで締めますが、女性は帯幅がありますので、胸元から骨盤の上あたりが、帯のくる場所です。

 

男性用の帯の幅の違いは、男性は10センチ、女性は30センチです。

 

この幅の違いは大きいですね。

着物

引用元:https://www.photo-ac.com

そして、結び方ですが、男性は「貝の口結び」、女性は「太鼓結び」といいます。

 

男性用は、とても簡単に結ぶことができますが、女性は複雑なので、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

 

結んだ姿を横から見たとき、女性は帯のラインが水平です。

 

それに対し、男性はやや後ろ上がりです。

 

男女の着付けの違いは、こんなにもたくさんありますので、着物で外出するときなどは、きちんと着こなしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

着物を綺麗に着こなす方に、憧れてしまう事はありませんか?

 

私は、憧れてつい目で追ってしまいます。

 

結婚式の御呼ばれや、子供の入学式、卒業式、七五三、色んな行事で、夫婦で着物を着ていくと、とても品があり美しく見えます。

 

みなさん、この機会に着物にチャレンジしてみては、いかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 郵便

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。