七五三の服装で親の着物は帯に気をつけろ?要チェックポイントまとめ

着物
Pocket

スポンサードリンク

七五三の服装で親の着物は帯に気をつけろ?要チェックポイントまとめ

子供の晴れ舞台、七五三の季節がやってきました。

 

いつもとは違う服装に、お子さんは、ドキドキワクワクしているかと思います。

 

親御さんも、我が子の晴れ姿に感動してしまうかもしれませんね。

 

ついついかわいい我が子のために、七五三の服装に気合が入りがちですが、お母さんやお父さんの服装は大丈夫ですか?

 

せっかくだから、親子で七五三は着物の予定の方もいると思います。

 

そんな方向けに、今回は七五三の服装で親の着物は帯に気をつけろ?要チェックポイントまとめを紹介していきます。

 

【関連記事】

>>七五三でいつ2017年はお参りをすればいいの?早生まれで違う?

>>七五三の親の服装はユニクロの服で行っても大丈夫なの?ママに人気の服装まとめ

>>着物の着付け男女の違いはどこ?違いをまとめてみた

 

七五三の着物

まず、七五三に着ていく着物の種類ですが、訪問着、付け下げ、色無地(紋付)があります。

 

そして、色は淡い色にしましょう

 

付け下げ、色無地は、「格」が低い部類に属しますが、着やすくお手軽です。

 

「格」が気になるのでしたら、草履やバッグを少し高めなものを選んで、「格」の微調整を行ってみるのも、いいかもしれませんね。

 

着物だけではなく、装飾品でも「格」は上がりますので、家に、付け下げと色無地しかないという方は、こんな調整の仕方をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

帯の種類

帯はまず、「袋帯」であることが必須です。

 

袋帯かどうかを調べる方法は、長さを図り、4メートル強あれば、袋帯で間違いありません。

 

袋帯は、今後お祝い事があった時に使えますので、もし持っていなければ、この機会に購入するのがいいと思います。

着物

引用元:https://www.photo-ac.com

そして、色ですが何の着物にも合うと言われているのが、金、銀、白、黒です。

 

柄ですが、吉祥柄、青海波、松竹梅が、季節関係なく締めることができますので、これから購入するという方は、こちらの帯を参考にしてくださいね。

 

帯は、安い物でいいというのではなく、自分がいいと思う帯に出会うまでは、探した方がいいですよ。

 

呉服店の他にも、インターネットなどを利用するのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

帯の締め方

ココからは、着物の帯の締め方を紹介していきます。

二重太鼓

七五三での帯の結びで、一般的なのが、「二重太鼓」の結びです。

 

格調高く、やや高めで緩みなく結んだ「二重太鼓」は、年齢層関係なく、幅広く使われている結びです。

 

こちらの動画で「二重太鼓」の結びの確認が出来ます。

リボン太鼓結び

こちらは、太鼓結びを少しアレンジした結びです。

 

若いお母さんに人気がある結びなので、興味のある方はぜひこちらで結んでみてください。

花びら太鼓の結び

こちらも、太鼓結びをアレンジした結びで、優しく、おしとやかさを感じる結びになっています。

 

こちらは、若いお母さんとは限らず、おしゃれ心のある方向きです。

 

動画は浴衣となっていますが、結び方は同じですので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

帯の種類や結び方は、こんなにもたくさんの種類があります。

 

アレンジを加えた帯の締め方は、着物の華やかさを、より引き立ててくれていて、とてもきれいな印象を受けました。

 

着物といえば、固いイメージがありましたが、遊び心も入れつつ、いろんな方が気軽に着れるんだなぁと、改めて着物の良さを感じられました

 

着物と言えば、自分の成人式以来という方も、ぜひ今年は、着物を着て、お子さんの七五三へ行ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ワイシャツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。