七五三の服装で親の着物の色マナーは大丈夫?まとめてみた

着物
Pocket

スポンサードリンク

七五三の服装で親の着物の色マナーは大丈夫?まとめてみた

七五三の季節が近づいてきて、そろそろ何を着ていこうかと、悩んでいる方もいるかと思います。

 

もしくは、今年は着物でと決めている方も、いるかもしれません。

 

しかし、いざ着物を着ていくといっても、色は何でもいいの?と、気になっている方もいるかと思います。

 

知らなくて、マナー違反なんてことになってしまうと、せっかくの我が子の七五三の思い出が、台無しになってしまいます。

 

今回は、七五三の服装で親の着物の色マナーは大丈夫?まとめてみたを紹介していきます。

 

【関連記事】

>>七五三でいつ2017年はお参りをすればいいの?早生まれで違う?

>>七五三の親の服装はユニクロの服で行っても大丈夫なの?ママに人気の服装まとめ

>>着物の着付け男女の違いはどこ?違いをまとめてみた

>>七五三の服装で親の着物は帯に気をつけろ?要チェックポイントまとめ

 

着物の色やマナー

着物には、素材や柄、紋の数で「格」があります。

行く場所によって、ふさわしい着物が決まっています。

 

まず、「格」が高いものから紹介します。

スポンサードリンク

第一礼装着

本振袖

引用元:https://www.photo-ac.com

打掛、黒留袖、本振袖、喪服などが一般的です。

 

特別な時や公的儀式に着る、一番「格」が高い着物です。

略礼装着

色留袖、訪問着、色無地、振袖、江戸小紋の紋付などが一般的です。

 

略礼装着は、礼装着の次に「格」が高い着物となっています。

 

入学式、結婚式の披露宴、お宮参りなどに着ていくのが一般的です。

外出着

付け下げ、付け下げ小紋、小紋、紬の訪問着、無地の紬が一般的です。

 

こちらは、少し「格」があるものから、趣味で着物を楽しむ方用の着物です。

 

幅広く使えますが、柄や模様で着る着物を考えないと、マナー違反になってしまいます

七五三に最適な親の着物マナー

では実際に七五三では、どのくらいの「格」の着物を着ていくのが一般的なのでしょうか。

 

それは、2番目の略礼装着の「訪問着」です。

 

しかし、訪問着でも派手な柄や色のものもありますので、子供が主役の七五三では、着物の色は淡い色で、子供より目立たないようにしましょう。

 

去年、七五三へ行った私の意見としましては、着物を着られる方では、やはり訪問着が多いと感じました。

 

着物の方の中には、付け下げを着ている方もいました。

スポンサードリンク

しかし、見た目ではわかりづらいため、お手軽感のある付け下げで行ってもいいんではないかと思います。

 

色や柄は、お子さんより派手でない物ですが、地味すぎても、

せっかく着物を着ているのに、何かさみしいと思いますので、控えめなら問題ないです。

 

例えば、淡いピンク、クリーム、水色などはいかがでしょうか?

 

こちらは、若々しく見えますので、華やかですね。

着物

引用元:https://www.photo-ac.com

他には、紫、ベージュ、グリーン、エメラルドも、落ち着いて見えますので、素敵だと思います。

 

家族で記念撮影もありますので、少し華やかなくらいがちょうどいいと思います。

 

お子さんの着物の色にも、関係してきますので、お子さんの色を何にするか決めてから、お母さんの着物の色を選ぶといいと思います。

 

着物の柄ですが、季節外れな(桜や梅)などは、やめておきましょう。

スポンサードリンク

着物に合わせるバッグや草履

女性にとってバッグは必需品ですよね。

 

着物に合わせるバッグって、どんな色が合うのでしょうか。

 

バッグは、アイボリーや淡いピンクのエナメルなど、シックな色や柄のものを、持つのが一般的です。

 

もし、和装のバッグを持っていないという方は、洋装用のフォーマルバッグでも、問題はありませんが、横長のハンドバッグでクラシックなバッグを選んでくださいね。

 

今は、草履とバックをセットでレンタルも出来るので、一度試してみてはいかがでしょうか?

そして、草履ですが、エナメル草履が一般的です。

 

ですが、エナメル草履は履きなれていないと、窮屈で足が痛くなります。

 

当日、子供よりもお母さんの方が「足痛い」なんてことにならないためにも、当日までに履きならしておくことが肝心です。

 

それでも、痛くてしょうがないという方は、一度鼻緒の調節をしてもらいましょう。

スポンサードリンク

まとめ

七五三の着物の色について書いていきましたが、色々マナーもあり大変かとは思います。

 

ですが、着物を着ている女性はとても美しいですよね。

 

一生に限られた回数しか着ない方の方が多いので、この機会に今年の七五三は着物で行ってみては、いかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 鯉のぼり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。