読書感想文の書き方で悩む中学生の書き出しおすすめ例を大特集!

Pocket

スポンサードリンク

読書感想文の書き方で悩む中学生の書き出しおすすめ例を大特集!宿題定番の読書感想文。

気が重いと、感じますよね。

 

ついつい後回しにしがちですが、コツさえつかめば、簡単に進んでいきます。

 

1番肝心なのは、本を読んであなたがどう思ったか?を自分の言葉で書き表すことです。

 

平仮名ばかりや、長々とあらすじだけを書いていくというのは、読書感想文にはなりません。

 

では読書感想文は、どう仕上げていけばいいの?

 

と悩むあなた向けに今回は、読書感想文の書き方で悩む中学生の書き出しおすすめ例を大特集してみました。

 

【関連おすすめ記事】

>>読書感想文の書き方で中学生が本文を書く簡単な方法

>>夏休みの宿題の小学生の国語を簡単に済ませるコツ

>>夏休みの宿題の英語の訳を終わらせるコツを抑えてみた

>>読書感想文の書き方で中学の例をわかりやすくまとめてみた

>>夏休みの宿題を中学生が早く終わらせる学年別のおすすめ方法

>>夏休みの宿題の自由研究を英語でカッコよく済ませるコツ

 

タイトルを決める

まず最初に始めることは、今から書く読書感想文のタイトルを決めることです。

 

できれば、自分の言葉でタイトルを決めてください。

タイトルが決まったら、次の工程に入ります。

スポンサードリンク

書き出し方の例

いざ書き始めようと鉛筆を持っても、最初の書き出しで詰まることもありますよね。

 

今から、書き出しの例を書いていきますので、参考にしてみてください。

①疑問文で始める
(○○とはどういうことなのだろうか?)
②きっかけを書く
(この作品を選んだきっかけは・・・)
(この本は母が昔に読んでいたので)
③いきなり結論から始める
(この主人公は最初○○でしたが最終的に○○になり考えさせられる作品でした)
④手紙を書くような文を使う
(暑い夏、どうお過ごしですか?私はこの夏○○という作品を読みました)
⑤登場人物の中の印象に残った言葉を最初に書き出す
(笑われたらあかん、笑わさなあかん)  又吉直樹 火花

書き出しは、こんな感じで書いていくと、印象深くなりいいと思います。

 

⑤ですが、読んでいて自分が思わず笑ってしまった、感動した、イライラした、どんな感情でもいいのです。

 

印象に残っている言葉を、書き出しに使います。

 

読み終わった後でも、覚えている言葉があれば、ぜひ活用してくださいね。

スポンサードリンク

書き方の説明

ここでは、本文の書き方を説明していきたいと思います。

 

本文を書く前にすることは、まず書きたいことをメモしていきます。

 

自分が1番心に残った文章や言葉
・この本をおすすめしたいポイント
・この本を読んで学んだこと
・自分の気持ちや自分ならこんな時どうしたか、などの体験談

ここを押さえておけば大丈夫です。

 

読書感想文は、あなたの書いた文で、いかにその本を相手も読んでみたいと思わせるか。

 

という目的がありますので、率直な感想を書いておくことが肝心です。

 

そういった言葉を含めて、構成の説明にいきます。

スポンサードリンク

読書感想文の構成

まずは、題名から始めます。

 

題名

 ↓

書き出し

 ↓

本文

 ↓

まとめ、終わり

 

こういった構成で書いていきます。

 

まとめ、おわりに関しては、読書感想文のシメとなりますので、

「この本を読んでわたしは、○○を学ぶことができました」
「わたしは、この本をきっかけに本が好きになりました」
「この本で学んだことを実際に経験として生かしたい」

 

など、この本で自分自身が気づけたことなどを、書いていけばいいのです。

 

「終わりよければすべてよし」です。

まとめ

あらかじめ、書きたいことをメモしておくことによって、自分が何を書きたいのか、思ったことをどう伝えればいいのかがわかってくると思います。

 

この書き方と構成に従って書いていただけると、きっと読書感想文を、スラスラと書いていくことができるはずです。

 

先生も思わず感心するような読書感想文を書いてくださいね。

 

【関連おすすめ記事】

>>読書感想文の書き方で中学生が本文を書く簡単な方法

>>夏休みの宿題の小学生の国語を簡単に済ませるコツ

>>夏休みの宿題の英語の訳を終わらせるコツを抑えてみた

>>読書感想文の書き方で中学の例をわかりやすくまとめてみた

>>夏休みの宿題を中学生が早く終わらせる学年別のおすすめ方法

>>夏休みの宿題の自由研究を英語でカッコよく済ませるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. クリスマスプレゼント
  2. 仮装
  3. ハロウィンかぼちゃ
  4. 袴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。