自由研究まとめ方が苦手な高学年向けにおすすめ模造紙のコツ

宿題
Pocket

スポンサードリンク

自由研究まとめ方が苦手な高学年向けにおすすめ模造紙のコツ

夏休みの宿題の代表的な物と言えば、「自由研究」でしょう。

 

個人的に自由研究は、宿題の中では好きな方でしたが、この「自由」というのが抽象的過ぎて、何をどう始めれば良いのか。

 

まとめ方に苦戦する、といった経験がある方も多いでしょう。

 

今回はそんなお悩みの方向けに、自由研究まとめ方が苦手な高学年向けにおすすめ模造紙のコツを紹介します。

 

【関連おすすめ記事】

>>自由研究まとめ方で中学生への例をまとめてみた

>>自由研究まとめ方おすすめの中学生向けファイル作成のコツ

>>自由研究のまとめ方は中学生の調べ学習でまとめよう

>>自由研究まとめ方の中学生向け見本まとめとコツ

>>自由研究まとめ方は模造紙で中学生トップを目指そう!

>>自由研究まとめ方中学生の社会を見やすくするポイントはココ!

 

模造紙や他の素材を使ってもまとめ方や流れは一緒

自由研究のテーマは自由ですが、まとめの際には「模造紙」「画用紙」「ノート」「ファイル」を使って下さい!という指定があります。

 

ですが、まとめる際に使用する素材が何であろうと、研究内容のまとめ方は変わりません

 

そのまとめ方は

1.タイトルや名前の記入
2.動機の記入
3.実験や研究の内容を記入
4.結果を記入
5.考察を記入
6.感想を記入

 

この流れでレポートを作っていけば、上手にまとめられます。

スポンサードリンク

模造紙でまとめやすい内容や注意点

自由研究のまとめに「模造紙」を使う最大のメリットは、やはり大きさです。

 

一般的な模造紙のサイズは、788×1091㎜の迫力のある物が出来上がります。

 

一枚の紙なので、朝顔の成長記録や、昆虫の飼育記録といった、日々の研究過程を載せる研究よりは、歴史や地理関係の調査、電車や新幹線の線路図などの研究内容に向いています。

 

模造紙ならではの注意点としては、文字の大きさです。

 

大きな紙だからといって、大きな字で書き進めていくと、最後にはスペースが無くなり、急に文字が小さくなってしまう、という事も起きやすいです。

 

ノートとは異なり、「失敗が効かない」という点が、模造紙の気をつけるポイントとなります。

スポンサードリンク

模造紙にまとめる際のポイント

ココからは、自由研究を模造紙にまとめる際の注意点を紹介していきます。

全体像をイメージする

文字が入らない!写真を貼るスペースが無い!という事が起きないように、最初にレイアウトを考えておくことが、重要になります。

 

小さい紙にレイアウトを描いておくだけでも、失敗する可能性は低くなります。

 

模造紙は失敗して修正を重ねると、かなり見栄えが悪くなってしまうので、「ここにタイトル」「ここに写真を貼る」「ここに感想を書く」という風に、事前に考えておきましょう。

文字色を多くしない

色

引用元:https://www.photo-ac.com

一枚の紙に仕上げるので、色の種類を増やす事は禁物です。

 

一見、様々な色を使用することで、キレイに見えると考えてしまいますが、見る人によっては目がチカチカしたり、重要なポイントがどこにあるのか分かりずらくなります

 

メインの色は黒にし、タイトルや重要なポイント部分には赤を使用するなど、色は3種類くらいで抑えるとキレイにまとまります

写真やイラストを効率よく使用する

一枚の紙に文字ばかりだと、見る人は飽きてしまいます。

 

要所で写真やイラストを貼り付け、メリハリを付ける事が大切です。

 

逆に写真やイラストばかりで字が少ないと、内容が入ってこない場合があるので、バランス良く使用することを意識しましょう。

 

また、どの写真をどのサイズで使用するのかも事前に決めておく事で、「あっ!この写真貼るスペースが無い!!」という失敗を防ぐ事が出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

大きな模造紙にまとめるとなると、始めは「難しそう」と思いがちですが、事前にレイアウトを決めておく事で、かなりスムーズに進められます。

 

ノートのようにページ数が多いと、毎日記入するというパターンも出てくるので、考えようによっては、1枚の紙で済ませられるという点もメリットとなるでしょう。

 

今回の記事を参考に、素敵な自由研究のまとめを作っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. クリスマスプレゼント
  2. ハロウィンかぼちゃ
  3. ジルスチュアートコスメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。