自由研究まとめ方をノートを例にまとめてみた

この記事は2分で読めます

ノート
Pocket

スポンサードリンク

自由研究まとめ方をノートを例にまとめてみた

自由研究はやっている内は楽しいけど、最終日になり「あれっ!?どうやってまとめたら良いのだろうか!?」と、悩む人も多いでしょう。

 

今回は、自由研究まとめ方をノートを例にまとめてみたを紹介します。

 

【関連おすすめ記事】

>>自由研究まとめ方で中学生への例をまとめてみた

>>自由研究まとめ方おすすめの中学生向けファイル作成のコツ

>>自由研究のまとめ方は中学生の調べ学習でまとめよう

>>自由研究まとめ方の中学生向け見本まとめとコツ

>>自由研究まとめ方は模造紙で中学生トップを目指そう!

>>自由研究まとめ方中学生の社会を見やすくするポイントはココ!

 

ノートを有効的に使える研究内容とは

自由研究のまとめ方の前に、まずは「ノート」を使うと分かった上で、おすすめなテーマを紹介します。

 

ノートでまとめる際には、特に「理科系」の自由研究がオススメです。

 

理科系と言うと、「朝顔の栽培」や「昆虫の飼育」などが代表的です。

朝顔

引用元:https://www.photo-ac.com

ノートはページ数が多いので、数ページだけ使っても終わり!というよりも、出来るだけ多くのページ数を埋めた方が見栄えが良くなります

 

栽培や飼育の様子なら、11ページ記録する事が出来るので、ノートの特徴を最大限に活かすことができます。

スポンサードリンク

自由研究の構成

構成というのはとても重要です。

 

これから伝えるポイント通りに進めていけば、自然と「まとまりのある」研究レポートが完成します。

・タイトル
・目的
・予測
・研究内容
・結果
・考察
・感想
・参考文献

 

やりがちな失敗は、「目的」「予測」「考察」を抜いてしまう事です。

 

とりあえず研究内容を記載し、最後には感想を書けばいいや!というレポートでは、「なぜ、この研究にしたのか」「研究をして何が分かったのか分からない!」という結果になってしまいます

 

最終的に「目的」「予測」「考察」を結びつける事が「まとめ」になるのです。

スポンサードリンク

小学生のまとめ方

小学生の自由研究のまとめ方は、「観察日記」のように行う事が良いでしょう。

 

上記の流れを踏まえた上で、ページの上半分にその日の様子の絵を描いたり、時には写真を添付しても良いでしょう。

 

そしてページの下半分には、その日の記録を記入する。

 

これを初日から最終日まで続け、結果に対しての考察と感想を入れれば、バッチリまとまります。

ノート

引用元:https://www.photo-ac.com

中学生のまとめ方!

小学生と違い、中学生になると、ただの「観察日記」ではクオリティーが低すぎます。

 

中学生になってくると、「レポート」を書くように意識しましょう。

 

と言うより、上記の自由研究の構成は「レポートを書く構成」そのものなのです。

 

なので、上記の流れに実験した事をそのまま「当てはめる」だけで良いのです。

 

中学生向きの題材としてオススメなのが、「野菜のDNAを取り出す」「過去と現在の教科書を比べる」「太陽光エネルギーについて調べる」などが挙げられます。

 

特に現在は中学生にもなると、ネットで検索なども気軽に行えるので、「過去と現在の教科書を比べる」という題材はやりやすいのではないでしょうか?

 

最近は教科書の改定が進んでいるので、特に時事ネタとしても扱いやすいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

ノートを使うのであれば、ノートの特徴を最大限に活かす題材探しが大切になってきます。

 

小学生も中学生も、自由研究の構成は同じなので、それに当てはめるように書いていけば、自ずときれいにまとまった研究レポートが完成できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. USJ
  2. 東京国際展示場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。