読書感想文の書き方で中学の例をわかりやすくまとめてみた

Pocket

スポンサードリンク

読書感想文の書き方で中学の例をわかりやすくまとめてみた読書感想文の宿題に頭を抱えていませんか?

 

難しいと感じすぎて、後回しにしているんではないでしょうか?

 

今回は、読書感想文の書き方で中学の例をわかりやすく紹介していきます。

 

【関連おすすめ記事】

>>夏休みの宿題で難問の英語日記の簡単な片付け方

>>夏休みの宿題の小学生の国語を簡単に済ませるコツ

>>夏休みの宿題の英語の訳を終わらせるコツを抑えてみた

>>夏休みの宿題の小学生難敵の家庭科はなぜ必要なの?

>>夏休みの宿題を中学生が早く終わらせる学年別のおすすめ方法

>>夏休みの宿題の自由研究を英語でカッコよく済ませるコツ

 

読書感想文の構成

まず、題名を考えます。

自分のオリジナルの題名です。

 

「○○を読んで」という題名は味気がありませんので、あまり使用しないでおきましょう。

 

題名の中に、読んだ本の題名を入れてみても構いません

 

主人公の名前を入れてみても、いい題名ができるかもしれませんね。

 

題名ができたら、次にいきます。

スポンサードリンク

次に、見出しが入ります。

 

見出しは、今から読んだ本の感想文を書いていくという説明をしていきます。

 

この本を選んだきっかけなど書いていき、この本でみんなに伝えたいことは何か?

 

そんなことを書いていきます。

作文

引用元:https://www.photo-ac.com

そして、1番の見せ場である、本文がきます。

 

ここでは、自分の力を出し切って自分が読んだ本の感想や、作者に伝えたいこと、この本の良い所や悪い所を書きます。

 

みんなに読んでほしい理由などを書いていくのがいいです。

 

1人の登場人物のことを、ずっと書いていっても面白いですし簡単に書き進めていけると思いますよ。

 

最後にまとめです。

 

ここでは、読書感想文のまとめをしていきますので、最終的な結論を書いていきます。

 

この主人公は最後こうなったのだが、私は、その結末には非常に納得いかない部分があります。
なぜかというと、私には、もっと他のやり方があったと思うからです。
このやり方なら、もっとうまくいったのではないのかとすごく心残りになっています。
友人は助かったが、主人公がこんな目にあっていたのでは、友人も悲しいと思うからです
一生悔やんでしまうと思います。
悲しい作品は、本当に胸が苦しくなることを知りました

 

結論とは、最終的にこんな風になってしまったことへの、歓喜や悲しみ怒りなど様々な感情を書いていくと良いです。

スポンサードリンク

読書感想文の例文

赤毛のアンを読んだ私が、簡単な読書感想文を書いていきたいと思います。

 

アンと私
【見出し】
友情とは何か?
この作品では、友情をテーマとしています。
友達を思いやる気持ち、助けあうことを学べる作品となっています。
【本文】
赤毛のアンは、顔にそばかすのある、赤毛の女の子です。
ある日、アンは養女としてお爺さんお婆さんに引き取られます。
気が強いアンですが、ちょっぴり寂しがり屋で、優しい1面もあります。
そんな、アンが学校に通い始めます。
その中で色んな友達に出会います。
その中で色んな友達との出会い、そばかすの事をからかわれ、怒った日々もありました。
でも、みんな素晴らしい友人です。
【まとめ】
アンは私にとって、勇気を与えてくれる存在でした。
アンに出会って、嫌なことがあっても笑って過ごせるような元気な女性になりたいと私は思いました。

 

すごく簡単ですが、例文を書いてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

読書感想文の流れを書いていきました。

 

このやり方で、読書感想文を書き進めていくことにより、簡単に終わらせることができますよ。

 

難しいなんて思わなくて大丈夫です。

自分の気持ちを書くのが読書感想文です。

 

しっかりと考えて、一文字一文字に気持ちを込めて丁寧に書き進めていってくださいね。

 

【関連おすすめ記事】

>>夏休みの宿題で難問の英語日記の簡単な片付け方

>>夏休みの宿題の小学生の国語を簡単に済ませるコツ

>>夏休みの宿題の英語の訳を終わらせるコツを抑えてみた

>>夏休みの宿題の小学生難敵の家庭科はなぜ必要なの?

>>夏休みの宿題を中学生が早く終わらせる学年別のおすすめ方法

>>夏休みの宿題の自由研究を英語でカッコよく済ませるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 小学生
  2. 東京ビッグサイト
  3. 仮装の子供
  4. ハロウィン
  5. 読書感想文

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。