ワイシャツを腕まくりをする場合に気をつけたいNGマナー

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

ワイシャツを腕まくりをする場合に気をつけたいNGマナー重いものを持ったりする時に、男性がスーツを着ていた場合、上着を脱いでシャツを腕まくりしますよね。

 

そのときに、腕の筋肉がきれいだったら、ほれぼれしますよね。

 

しかし、腕まくりをしてはいけない場面があります。

それはどういう時でしょうか?

 

今回は、男性のワイシャツの腕まくりのマナーについて紹介していきます。

 

【関連おすすめ記事】

>>結婚式の服装はバッチリ!だけどマナー違反の靴とか知ってた?

>>結婚式の服装はそれで大丈夫?気になるマナー男性編

>>結婚式にふさわしい服装は!?これってマナー違反?

 

ワイシャツを腕まくりするのはマナー違反?

腕まくりは、袖口(カフス)のボタンを外すことからして、ファッション的にみると「着崩す」というテクニックになります。

 

なので、ビジネスというフォーマルな場に合わず、マナー違反だと考える人が多いです。

 

特に相手先の会社を訪問したり、来客があるときは、いくら暑くても腕まくりはマナー違反です。

 

ただし、本来のマナーというのは、相手がいてこそのものなので、対象がいない状況、例えば、

  • オフィスでのデスクワーク
  • 外回りの移動中

 

このようなシュチュエ―ションであれば、ワイシャツは腕まくりをしていても問題はありません

腕まくり

引用元:https://www.photo-ac.com

ただし、貴方が働いている会社の環境によって、オフィスで腕まくりをしていると「若いクセに生意気な」という、上司や先輩からのプレッシャーや冷たい視線を感じてしまいます。

 

訪問先ではキチンとしているつもりでも、移動は会社からだと、シャツの腕まくりをした状態で上司に、「取引先にいってきます!」と出発したら、「その恰好ではだめです」と思わずイラッとしてしまうような、忠告を受けてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

朝礼や会議中の腕まくり辞めてアピール

  • 朝礼や会議などフォーマル感の強い場ではうでまくりをするのをやめておく
  • 自分がTPOを配慮できる人間であることをアピ―ルしておく

 

まず1つめの使い分けとしてオススメなのが、毎日の朝礼定例会議など、フォーマル感の強い場では腕まくりをすることをやめて過ごようにすること。

 

会社でも、腕まくりをしない場面を意図的に作り出すことによって、上司や先輩など周りに対して「自分はTPOのわきまえることができる人間である」と、さりげなくアピールできます。

 

これをやっておくと、デスクワーク中に腕まくりをしていても、周りからは「あいつはいざとなればキチンとした恰好ができるやつだから」と思われます。

 

余計なやっかみや、変なプレッシャーを受けることがありません。

上司には訪問先での恰好で出発の報告を

  • 上司に出発の報告は訪問先での服装をチェックしてもらうイメージで
  • 報告(チェック)が終わり、いざ移動を開始したらがっつり腕まくりをすればOK

 

移動中の腕まくりが、マナー的に問題ないからといって、その格好で上司に出発の報告をしても、上司は「コイツもしかしてこの格好のまま問先の会社に行くのではないか!」と、どうしても心のどこかで、不安に思っちゃいまよね。

 

あなたが上司の立場で、まだ信頼しきれていない若い社員が、同じようにうでまくりした状態で「取引先を訪問してきます!」といってきたら、多少なりとも不安ですよね。

それと同じです。

 

こんな感じで、自分本位ではなく、相手がどう思うかまで考えられれば、ワイシャツの腕まくりをする・しないの使い分けが上手くなります

 

もちろん、この先、仕事の様々な場面で、その考え方が、あなたの強力な武器になること請け合いですよ。

スポンサードリンク

就職活動中はワイシャツの腕まくりはやめたほうが無難!

就職活動

引用元:https://www.photo-ac.com

ちなみに、もし貴方が、就職活動中(就活中)なら、移動中でも、ワイシャツの腕まくりをするのは辞めておいたほうが無難です。

 

というのも、万が一移動中に腕まくりしているのを志望先の人事担当者に見られた場合、「ワイシャツのまくり方が、かっこいいからアイツは採用!」とはならないからです。

 

「恰好がだらしないな…今回は、不採用にしておくか…」となってしまう可能性は、無きにしも非ずだからです。

 

特に一次面接など採用活動初期の段階の場合、人事担当者は沢山いる志望者をどうにかして絞り込もうと、「落とすための判断材料」を(本人は知らず知らずのうちに)、目を光らせながら探しているケースも多かったりします。

 

リスクヘッジ(リスク管理)の点からも、就活中はたとえ多少暑苦しかったとしても、シャツの腕まくりはせずに(できればスーツも着たまま)、外で過ごすのが一番です。

 

腕まくりをすると、どうしてもワイシャツの袖の部分にシワも、できやすくなりますからね。

スポンサードリンク

まとめ

  • 相手がいる場合、ワイシャツの腕まくりはマナー違反だと考える人が多い!
  • デスクワーク中や移動中であれば、腕まくりをするのは基本問題なし!
  • 余計な小言などを言われないためには、社内でも腕まくりをしない場面を作り、自分がTPOに配慮できることをアピール!
  • 就職活動中は、たとえ移動の場面でも、ワイシャツの腕まくりはしないほうが無難!

以上がまとめです。

 

【関連おすすめ記事】

>>結婚式の服装はバッチリ!だけどマナー違反の靴とか知ってた?

>>結婚式の服装はそれで大丈夫?気になるマナー男性編

>>結婚式にふさわしい服装は!?これってマナー違反?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 郵便
  2. アイスコーヒー
  3. ハンバーガー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。