夏休みの宿題の小学生の詩って何をするのが正解なの?

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

夏休みの宿題の小学生の詩って何をするのが正解なの?この頃は小学生でも、とても大人びた顔をしている小学生を見かけることもあります。

 

小学生にとって、「詩」とはどのようなものなのでしょうか?

また、「詩歌」などであれば、多少はわかるような気がしてきます。

 

今回は、夏休みの宿題の小学生の詩って何をするのが正解なの?をまとめてみました。

 

【関連おすすめ記事】

>>夏休みの宿題は小学生はきつい量?昔と比較してみた

>>夏休みの宿題の小学生の国語を簡単に済ませるコツ

>>小学生の夏休みの宿題の習字の魅力とコツ

>>夏休みの宿題の小学生難敵の家庭科はなぜ必要なの?

 

夏休みの宿題で小学生に「詩」を書かせること

夏休みの宿題で、小学生に「詩」を書かせるというのは、いったいどういった目的があるのでしょうか?

 

「詩」は、苦手な人は苦手でも例えば、歌のお姉さんが歌っている歌の歌詞の中身も詩ですね。

 

歌詞にするとふつうの詩でも覚えやすく、子どもたちも覚えるのは早いです。

 

「詩」というのは、小学生から興味を持つ子どもさんも多いと思います。

 

センチメンタルな気分になる子どもさんや、思ったことをそのまま書きなぐる子どもさん、よくわからないままに言われた通り書く子どもさん。

勉強する子ども

引用元:https://www.irasutoya.com

それは、その子どもさんの性格や育ち方によっても変わってくると思われます。

確かに世の中には、有名な作家など共感できるものは多いです。

 

「詩」を読み感動する子どもさんも、多いでしょう。

 

「詩」はそのまま生きる力に、つながっていったりもするでしょう。

 

ただ、この頃では大人でもゆっくりと、鑑賞している暇も見つけられずに、何かを無駄にしていることも多いです。

 

そのような中、小学生に夏休みに「詩」を書かせる時間というのは、とても貴重な時間でもあるということでしょう。

 

忘れてならないのは、小学生に合った段階での、「詩」を書くということではないでしょうか?

 

無理に大人びてはいない、本当の今の時代の小学生が表現する「詩」とは、大人から見てもとてもすなおなものでもあってほしいです。

スポンサードリンク

子どもの詩は俳句や短歌とは少し違うような気が

「学校が荒れてきた」という話を、以前聞いたことがありました。

 

いじめ、とか登校拒否につながるようなそんなニュース、今ではあまり耳にしなくなりました。

 

それでも、どこかで苦しんでいる人たちもいないとは言い切れないです。

 

ただ、文学とか「詩」というのはどこか多少の苦しみの中から生まれてくるような、気がすることがあります。

 

そのへんを理解したうえで「詩」を読み解いていき、自分で「詩」を書いていくのは、とても大切なことではないでしょうか?

歌う

引用元:https://www.irasutoya.com

中には小学生でも、思ってもみないところで、「詩」を好きになることもあるかもしれません。

 

そこで、改めて自分でも「詩」というものを、書いてみたいと思った場合です。

 

夏休みに小学生が「詩」を作ってみるとは、やはり教科書にも取り上げられるくらいだから、いい効果があるのかもはしれないです。

 

でも、大人として本当は子どもには、理想通りの「詩」を書いてもらいたいとは、心の底で願っているのではないかと思います。

 

そして、あまりにも気になる部分が多かった場合など、親が訂正してあるのがよいかもしれません。

スポンサードリンク

夏休みの宿題で小学生には詩を書かせるのではなく読み解かせるのでは?

歌でもなんでも最初から自分で作るとなると、なかなか難しいものがあるかもしれません。

 

小学生が「詩」について語るというのは、さらに難しいものがあるかもしれません。

 

ただ、誰かの書いた「詩」を朗読し、本にしたものを読んでみるのはおすすめかもしれません。

 

その上でその詩について感想を語り、文章にしてみるのもいいような気がしてきます。

 

自分でも「詩」について知りたいとか、興味が出てきたら自分で「詩」について書いてみるのもいいかもしれません。

 

また、テーマなどは学校の先生などからいただいたものを、読み解いていくのが安心かもしれません。

 

「詩」という大きなテーマの中で、自分の言葉で書くというのは本当に表現方法の上達にもなるし、文章に親しめる最大の方法だと思えます。

スポンサードリンク

まとめ

夏休みの宿題で、小学生が「詩」について考えるというのは、ただ、何か「詩」を書くというよりも他人の「詩」について文章を読み、感想を語る方がはるかに意味のあることかもしれないです。

 

夏休みだからこそできる、本や「詩」をたくさん読ませてあげることで子どもは伸びていくのではないでしょうか?

 

【関連おすすめ記事】

>>夏休みの宿題は小学生はきつい量?昔と比較してみた

>>夏休みの宿題の小学生の国語を簡単に済ませるコツ

>>小学生の夏休みの宿題の習字の魅力とコツ

>>夏休みの宿題の小学生難敵の家庭科はなぜ必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 明治神宮
  2. ランコムコスメ
  3. ハロウィン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。