夏休みの宿題は小学生はきつい量?昔と比較してみた

この記事は2分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

夏休みの宿題は小学生はきつい量?昔と比較してみた今どきの小学生宿題の量といっても、それは学校によったり、地域によったり、先生によっても違ってくるのは、当たり前のような気がしています。

 

学校といっても、小学生でも夏休みには、塾に行く子どもさんもいるだろうし、千差万別で一概には「どうだ」と言えないところもあるということでしょう?

 

夏休みの宿題は小学生はきつい量?昔と比較してみたを紹介していきます。

 

自分たちの時代の夏休みの宿題と比べると

自分たちの時代と比較してみると、やはり夏休みのおわりくらいには、「まだ宿題が終わっていない」という話しはよく耳にすることです。

 

小学生でも学校だけならまだしも、塾の宿題もしないといけない子どももいるかもしれないし・・。

 

親としては、学校の宿題などは自分から進んでやってもらいたいところですが、小学校でも低学年ならいざ知らず、高学年ともなると親の方がついていけないくらいの学習能力が問われる場となってしまいます。

 

「教えようとしても親でもわからない」といった、状況が生まれてくるので、親は「もう宿題すんだの?」ということくらいしかできません。

 

それで、大人は自分たちの子どもの頃と重ね合わせることで、子どもたちの学習の状況を把握するしかありません。

スポンサードリンク

「夏休みの友」なるものがあった頃は、夏休みについてはけじめがあった

「夏休みの宿題?以外と少ないのにまだ終わってはいないの?」とか、「自分たちの頃はまだ量的に多かった」とか、「夏休みの友なるものは、いつくらいから消えてしまったのだろうか?」など、一応子どもに合わせて夏休みの学習時間について考えてみることも多いです。

 

ただ、子どもというものは親の言うことを聞いてくれるものではなく、「夏休みは早めに宿題をおわらせておくと安心」ということを言っておいても、なかなか子どもは宿題の進まないことが多いです。

 

「夏休みの宿題の量」といっても、子どもにとって簡単なものだけであれば、量もそれほど気にはならないのでしょうが、「難しい問題」「解きにくい問題」というのも意外にあります。

 

時間だけが経過していくことも、多かったのではないでしょうか?

 

それに比べたら、「夏休みの友」のある時代には、この問題集をひとまずおわらせておけば、一応宿題が90%すんだようなもので、あとは自由研究などのものに集中すればいい感じだったのです。

夏休みの友

引用元:https://www.photo-ac.com

夏休みの子どもの宿題は量より質が重視された方が

子どもたちや親にとっても夏休みは特別なもので、「熱いから勉強に集中できないから」といったものばかりでもなく、ひとつはお祭りみたいなものがあったわけです。

 

それだからこそ、学習しなければいけない子どもたちの宿題の量というのは、学校の先生や親の間でも話し合いがあってもいい感じかもしれません。

 

もしかしたら、子どもの頃の夏休みの宿題で、難解な部分が多すぎて今の自分ができあがっているとしたら、「どうしたものか?」と考えこんでしまうこともあるかもしれません。

 

子どもたちにとっては、学習の意味や「わからない点がわかるようになる」といったこと、「意欲のある学習につなげるにはどうしたらいいか?」など夏休みはいろいろと考えてみる機会に恵まれる時期でもあるかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

夏休みは子どもにとって、宿題は切り離せないことは多いけれど、小学生でも学習内容として覚えなければならないことは多いと思います。

 

それを全部覚えるとなれば、その量もすごいものになるかもしれません。

 

小学生のうちは、まだ親が介入するにも無理はないですが、その上の段階に子どもが無理なく学習できるような基本的な勉強をさせてあげたいと思うことも多いです。

 

夏休みの宿題は小学生はきつい量?昔と比較してみたは以上です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ハロウィンかぼちゃ
  2. ワイシャツ
  3. 鯉のぼり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Sponsored Link




おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。