日焼けの皮めくれを目立たなくする方法と対処法

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

日焼けの皮めくれを目立たなくする方法と対処法夏といえば川、海、山、どこに行っても楽しめる季節ですよね。

 

しかし、夏で気をつけておきたいのが日焼け

 

対策をし忘れるようなことがあれば、全身真っ赤になってしまいます。

 

そして日焼けをした後には、皮めくれもあります。

見た目もよくない上に、ヒリヒリと痛いです。

 

日焼けしてしまって皮めくれができてしまったら、うまく隠す方法はあるのでしょうか。

 

今回は、日焼けの皮めくれを目立たなくする方法と対処法をご紹介したいと思います。

 

【関連おすすめ記事】

>>日焼けの水ぶくれはヤバイの?応急処置はまずココをチェック!

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

>>ひどい日焼けは水ぶくれの原因と対策方法教えます

 

日焼けで皮がめくれるのはなぜ?

日焼けをすると、皮がめくれる前に赤くなりますが、これはやけどしているのと同じ状態です。

 

ひどい日焼けの時だと、やけどした時のように、水ぶくれができてしまうことも。

 

そして、皮がめくれてしまうのは、やけどなどで滅んだ肌を新しく作るためなんです。

 

日焼けの後は、たくさんの肌が滅んでいるので、その分の新しい肌がたくさん作られます。

 

そのために古い滅んだ肌は、どんどんめくれていきます。

これが、日焼けをしたときの皮めくれの正体です。

スポンサードリンク

日焼けで皮めくれをしたときの正しい対処法とは

日焼けによって皮がめくれてくると、その見た目に耐えきれずについつい全部めくってしまいたくなるもの。

 

しかし、これはめくらないのが正解です。

 

めくってしまうと、治りがさらに遅くなってしまう上に、シミになる原因にもなってしまいます。

 

自然に皮が完全にめくれるまでは、何もしないでおきましょう。

 

どうしても気になる場合は、ハサミなどを使ってめくってしまわないように丁寧に切り取ってください。

 

濃いメイクで隠そうとするのもよくありません。

正しい対処法は、とにかく保湿

 

化粧水や乳液で肌にしっかりと潤いを与えることで、皮めくれは目立ちにくくなります。

 

日焼けをしてしまったら美白用のものを使いたくなりますが、これは日焼け後の弱ったデリケートな肌には刺激が強すぎます。

 

乾燥肌敏感肌用を使って、しっかりと保湿をして下さい。

メイクもできるだけ薄く。

肌に負担がかからないような状態でいることが大切です。

 

日焼けをした後の肌は、紫外線にも弱いです。

 

だからといって、日焼け止めは肌に刺激が強いので使わないように

 

長袖の服や日傘などで、紫外線をできるだけ避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

皮がめくれないようにするには

日焼けで皮がめくれないようにするには、できるだけ紫外線に当たらないように日焼け対策をしておくことです。

 

日焼けをしそうなときには、あらかじめ日焼け止めを塗っておいて、2~3時間おきにこまめに塗りなおすようにします。

 

他にも紫外線に当たらないように気をつけるなどして、できるだけ日焼けしないようにしましょう。

日焼け対策

引用元:https://www.photo-ac.com

まとめ

日焼けで皮がめくれてしまったときは、めくってしまうとシミになってしまいますので、そのままにしておきましょう!

 

メイクで隠そうとするのも、肌にさらに負担がかかってしまいますので、下地やファンデーションは薄くし、保湿で目立たなくしましょう

 

早くキレイに治すためにも、正しい対処法を行ってください。

日焼けの皮めくれを目立たなくする方法と対処法は以上です。

 

【関連おすすめ記事】

>>日焼けの水ぶくれはヤバイの?応急処置はまずココをチェック!

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

>>ひどい日焼けは水ぶくれの原因と対策方法教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 虫取りあみ
  2. 悩む人
  3. 展示会
  4. 握手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。