ひどい日焼けは水ぶくれの原因と対策方法教えます

この記事は2分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

ひどい日焼けは水ぶくれの原因と対策方法教えます夏はバーベキューやキャンプ、海水浴などのアウトドアレジャーで盛り上がる季節ですよね。

 

夏の太陽の下で遊ぶのは、気持ちがいいものです。

 

だんだんと小麦色に焼けていく肌も、夏のいい思い出になります。

 

しかし、外で遊んでいると、なんだか痛くてジンジンする、こんなところに水ぶくれが、なんてことはないでしょうか。

 

その水ぶくれ、原因はじつは日焼け

 

きちんと対策をしていないと、夏の楽しい思い出が水ぶくれの痛い思い出に変わってしまうかも。

 

今回は、ひどい日焼けの水ぶくれの原因と対策方法をご紹介します。

 

【関連おすすめ記事】

>>日焼けの水ぶくれはヤバイの?応急処置はまずココをチェック!

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

 

どうして日焼けで水ぶくれが?

日焼けはその名前のとおり、太陽からの強い日によって、肌が焼かれている状態です。

 

つまり、ふつうの日焼けも、やけどと同じようなことが肌におきています。

 

たかが日焼け、と思うかもしれません。

しかし、肌が黒くなっている時点で、実は肌はすでに紫外線によるダメージを受けています。

 

痛くないからといって放っておくと、シワやたるみの原因になり、黒くなった肌はそのままシミとして残ることもあります。

 

ぶくれができるほどの日焼けは、さらに重症のもの。

 

ふつうの日焼けは皮膚の表面で起こっていますが、水ぶくれができるほどのものはその下の真皮という部分にまで、紫外線の影響が出てきています。

 

この時点で、日焼けをした部分は、ヒリヒリ、ジンジンと痛むようになります。

 

放っておくと、水ぶくれが跡になって残ったり、ふつうの日焼けと同じようにシワやたるみの原因になります。

 

軟膏ワセリンなどを使って、肌に刺激がなるべくないように心がけましょう。

スポンサードリンク

日焼けによる水ぶくれの対策方法とは

日焼けによる水ぶくれの対策方法は、当たり前ではありますが、日焼けをできるだけしないこと。

 

普段の紫外線対策が重要です。

 

紫外線は、日焼けをするだけで冬になれば、また肌の色が戻るから、などの安易な考えで甘く見てはいけません。

 

日焼け止めを、数時間おきにこまめに塗りなおす外に出るときはなるべく帽子をかぶる必要以上に肌を出さない、などの紫外線対策で肌を守ってあげましょう。

もしも日焼けをしてしまったら、すぐに冷やします。

 

一部の場合は、つめたい水をつけたタオルなどで、全身の場合はシャワーなどを使って冷やしましょう。

 

冷やしすぎは、肌の再生力を逆に弱らせてしまうので、10~15分ほどが目安です。

 

水ぶくれができている場合には絶対につぶさず、なるべくはやくに病院を受診することをおすすめします

スポンサードリンク

まとめ

日焼けによる水ぶくれを防ぐには、なるべく日焼けをしないこと。

 

日焼けは、夏を感じさせてくれるものでもありますが、日焼けのしすぎは肌にダメージを与えてしまいます。

 

しっかりと普段から紫外線対策をして、日焼けを防ぎましょう。

 

日焼けをした後はよく冷やし、水ぶくれができないようにしましょう!

 

ひどい日焼けは水ぶくれの原因と対策方法教えますは以上です。

 

【関連おすすめ記事】

>>日焼けの水ぶくれはヤバイの?応急処置はまずココをチェック!

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. すいか
  2. 風
  3. ボジョレーヌーボー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。