日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?夏は海水浴やバーベキューなど、強い日差しの中で遊ぶことがたくさんあります。

そのため、どうしても日焼けをする機会が多くなってしまいますよね。

 

日焼けは肌が焼けて、黒くなるだけだと思っている方もいるかもしれませんが、じつは日焼けには危険がたくさんあります

 

日焼けが原因で、水ぶくれができてしまうこともあるんです。

回は、日焼けで水ぶくれができてしまったときの対処法や、治るまでの期間などを詳しくご紹介します。

 

【関連おすすめ記事】
>>夏バテ解消にぴったりな飲み物が意外と知られていない?

>>だるい夏バテを解消できるのは運動がやっぱり一番?!

>>夏バテ対策の食べ物のレシピで一番楽ちんなものベスト5

>>これで夏を乗り切ろう!汗対策のおすすめグッズ種類別まとめ

>>夏に気になる汗の臭いの対策方法とは!?

知らない間に水ぶくれが!!これって日焼けのせい??

紫外線を浴びすぎると日焼けはやけどと同じように水ぶくれを起こしてしまいます。

 

日焼けや、やけどでできた状態を熱傷と呼びますが、重度の日焼けはこの熱傷で痛みを伴う水ぶくれを起こしてしまうのです。

 

日焼けでできた水ぶくれは、すぐにきちんとした処置をしないと跡になって残ってしまう可能性もあります

たかが日焼け、とあなどっていては、あとあと痛い思いをすることになってしまいます。

スポンサードリンク

水ぶくれができてしまったときの正しい対処法

水ぶくれができてしまったときの対処法は、基本はやけどの時と同じです。

 

薬を塗る前に、まずはしっかり冷やすこと。

日焼けの場合はやけどとは違い、ほとんどが全身焼けていることが多いので、シャワーなどを使って、しっかり全身を冷水で冷やしましょう。

 

当日のうちは、数時間おきにこまめに冷やすことをおすすめします。

しかし、あまり冷やしすぎるのも逆効果で、肌が再生するのを妨げることがあります。

長時間冷やしすぎず、10~15分ほどを目安にするといいでしょう。

 

水ぶくれができるような日焼けは重度の日焼けなので、できるだけ早めに皮膚科などの病院を受診したほうがいいです。

 

すぐに病院に行けない場合は、ワセリンを塗ってしっかり肌を保護します。

日焼け後の肌は非常に弱っているので、刺激の少ないワセリンを選びましょう。

このときに注意するのが、水ぶくれをつぶさないこと。

水ぶくれをつぶしてしまうとそこから細菌が侵入し、感染症を引き起こす恐れがあります。

 

水ぶくれの中には日焼けを修復するための成分が入っていますので、つぶしてしまうとさらに治るのを遅らせてしまいます。

 

日焼けでできた水ぶくれはどのくらいで治るの?

水ぶくれが治るまでの期間は、軽度の場合で2~3日そうでない場合は2~3週間かかってしまうといわれています。

 

適切な処置をしていなかったり、水ぶくれをつぶしてしまうようなことがあれば、さらに治るまで時間がかかることもありえます。

痛みが治まったからといって勝手な判断はせず、2週間ほどはしっかりと病院で指定された処置を行うようにしてください

スポンサードリンク

まとめ

日焼けで水ぶくれができてしまったときは、すぐに正しい対処をする必要がありますが、なにより事前に対策しておくのが、まずは重要です。

 

もしも水ぶくれができてしまっても、あわててつぶしたりはせず、すぐに冷やして病院で診てもらうようにしましょう。

日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?については以上です。

 

【関連おすすめ記事】
>>夏バテ解消にぴったりな飲み物が意外と知られていない?

>>だるい夏バテを解消できるのは運動がやっぱり一番?!

>>夏バテ対策の食べ物のレシピで一番楽ちんなものベスト5

>>これで夏を乗り切ろう!汗対策のおすすめグッズ種類別まとめ

>>夏に気になる汗の臭いの対策方法とは!?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プロレス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Sponsored Link




おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。