寝苦しい熱帯夜!扇風機だけで対策は出来るの?

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

寝苦しい熱帯夜!扇風機だけで対策は出来るの?春も終わり、ここからは蒸し暑い梅雨の季節だったり、本格的な夏が到来します。

 

気温は眠りにも大きく影響し、特に熱帯夜(気温が25度以上の夜)は寝苦しいものです。

 

そんな時にはクーラーをつけて眠るという人が多いでしょうが、クーラーだと電気代が高くて困ったり、夜中に体を冷やしてします事もあります

 

人によっては、クーラーは使いたくない、使えないという人もいるでしょう。

 

そんな熱帯夜を扇風機のみで解決する方法を紹介します。

 

【関連おすすめ記事】
>>夏バテ解消にぴったりな飲み物が意外と知られていない?

>>だるい夏バテを解消できるのは運動がやっぱり一番?!

>>夏バテ対策の食べ物のレシピで一番楽ちんなものベスト5

>>これで夏を乗り切ろう!汗対策のおすすめグッズ種類別まとめ

>>夏に気になる汗の臭いの対策方法とは!?

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

>>暑い夏こそ大チャンス!汗をかいて痩せよう!!

眠りのメカニズムを理解しよう!

人間にとって睡眠というのはとても大切な欲求です。

十分な睡眠時間をしっかりと満たせていないと、情緒の乱れや、体調を崩す原因となります。

 

人の体は睡眠前に深部体温(体の内側の体温)が下がり始めます。

 

そして入眠中は常に深部体温は下がり続け、起床する時間に向けて徐々に深部体温が上がるという仕組みになっています。

 

起床時に深部体温が上がりにくい人は、朝起きるのが苦手だったり、寒い日の起床が苦手という人が多いのです。

スポンサードリンク

快適に眠るためにはどうすれば良いのか!?

 入眠中は深部体温が下がる事が分かりました。

入眠中のベストの室温は、26度前後の温度となっています。

 

これは、就寝中に汗をかいても自然と乾くといった適温で、自然な深部体温調整が行える温度なのです。

 

寝苦しい熱帯夜を扇風機だけで過ごすには、この26℃前後の室温を作る事が大切です。

 

クーラーだと、温度設定ができるので、26度の室温を自然に作り上げる事ができます

 

しかし、深部体温は就寝中に下がり続けます。

寝ている女性

引用元:https://www.photo-ac.com

26℃を常に保っていても、深部体温が下がっていけば「冷え」にも繋がるし、何せ、クーラーのつけっぱなしは、電気代がとてつもなくかかります。

 

電気代を節約する方法で有名なのが、「クーラーの設定温度は○○度で、扇風機を併用する」というのが有名です。

 

それでもクーラーをつけていると夏場の電気代は高くなります。

 

では、扇風機だけで熱帯夜を乗り切る方法はないのでしょうか!?

 

ココからは、扇風機だけで熱帯夜を過ごせる方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

熱帯夜を扇風機のみで乗り切ろう!

 クーラーを使わず、扇風機だけで熱帯夜を快適に乗り切れたら、電気代の節約にもなります。

 

まず、26度前後の室温を作り出すのは扇風機のみでは不可能です。

 

しかし、風を直接当てる事で、「体感温度」を下げる事ができます

 

眠りのメカニズムは、就寝前に深部体温が下がり始め、就寝中に深部体温は下がり続け、起床時には深部体温が上がり始めるです。

 

扇風機の強い風を直接当てると、就寝中に深部体温は下がり続けの妨げになり、冷えに繋がります。

 

しかし、足元にそよ風程度の風を当てる事で、就寝中の冷えは抑えられます

 

足元と手先は体温を下げるために放熱を行う部位です。

そこに強風ではなく、そよ風程度の風を当てる事で、冷えすぎず、心地よい冷却感が味わえるのです。

 

さらに、起床時には深部体温が上がり始めるので、起床時間の2時間前くらいには、タイマー機能で扇風機を止める事で、深部体温上昇を妨げる事もなく、快適に起床できます。

 

熱帯夜を扇風機で乗り切るポイントをまとめてみると、

「強風」ではなく、「そよ風程度」の風を設定する

風は足元に当てる

起床時間の2時間前にくらいにはタイマー機能で、扇風機を止める

 

この3点です。

まとめ

 クーラーが使えれば熱帯夜でも快適に過ごせます。

 

しかし、様々な視点でクーラーを使いたくない、使えないという人も多いので、扇風機でも熱帯夜を乗り切る方法を紹介しました。

 

扇風機の種類によっては、風量が「弱」「中」「強」の3段階調節しかできな物もあれば、一般的なもの「弱」よりも弱い風の設定ができたり、「14段階」の風量調節ができる扇風機もあります。

 

扇風機しか使えない人でも熱帯夜は十分乗り切れるので、快適な睡眠を確保していきましょう!

 

【関連おすすめ記事】
>>夏バテ解消にぴったりな飲み物が意外と知られていない?

>>だるい夏バテを解消できるのは運動がやっぱり一番?!

>>夏バテ対策の食べ物のレシピで一番楽ちんなものベスト5

>>これで夏を乗り切ろう!汗対策のおすすめグッズ種類別まとめ

>>夏に気になる汗の臭いの対策方法とは!?

>>日焼けが原因で水ぶくれ!?治るまでの期間はどれくらい?

>>暑い夏こそ大チャンス!汗をかいて痩せよう!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 仮装する子供
  2. ミッキーコスプレ子供
  3. ジャックオーランタン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Sponsored Link




おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。