結婚式の二次会の幹事って何をすればいいの?

Pocket

スポンサードリンク

結婚式の二次会の幹事って何をすればいいの?結婚式の二次会の幹事を頼まれた経験がある方は、新郎新婦のためにも二次会を成功させたい!ゲストのためにも楽しい二次会にしたい!などと切に願うでしょう。

 

結婚式の二次会が成功するか否かは幹事にかかっていると言っても過言ではありません。

それだけ重要な責任がある仕事なのです。

 

ではここで、結婚式の二次会の幹事を頼まれたら何をすればいいのか、詳しく説明しましょう。

 

【関連おすすめ記事】

>>結婚式のご祝儀金額で問題発生!友達で値段かわるの?

>>結婚式の服装はバッチリ!だけどマナー違反の靴とか知ってた?

>>結婚式の服装はそれで大丈夫?気になるマナー男性編

>>6月の結婚ってキチンとした由来があるって知ってた?

>>結婚式にふさわしい服装は!?これってマナー違反?

 

新郎新婦との打ち合わせ

二次会の幹事を頼まれたとしても、幹事だけで勝手に全てを決めることは避けた方がよさそうです。

 

なぜなら新郎新婦の理想の二次会とかけ離れた会になる可能性があるからです。

ですので、事前にきちんと新郎新婦と打ち合わせをする必要があります。

 

新郎新婦に確認するのは次の事柄です。

 

○招待する人数

○会費

○演出などの希望

○会場などの希望

○新郎新婦の金額的負担の有無

 

二次会を開催するにあたって、招待する大体の人数を把握することが大前提です。

人数は新郎新婦しか決められませんのでまず始めに確認しておきましょう。

 

また、ゲストの会費も新郎新婦に決めてもらった方がよいでしょう。

その際、予算を超えた場合に新郎新婦がその分を負担してくれるのかも併せて確認しましょう。

 

その他は新郎新婦が希望する会場演出プランなどがあるかどうかも確認しておきましょう。

スポンサードリンク

会場探し

新郎新婦に希望を聞いたら、すぐに会場探しにとりかかりましょう。

 

人気の会場はすぐに埋まってしまうので、早めの行動が鍵となります。

二次会当日の4、5ヶ月前までには行動し始めましょう。

焦る外国人

引用元:https://www.photo-ac.com/

1.会場の候補選び

まず、新郎新婦の意見を元に、希望に叶う候補の会場を3~5つほど選びます。

 

そして第一希望から順に二次会当日の日時が空いているかどうかの確認を行います。

 

2.下見

希望の会場が空いていたら下見に行きます。

 

実際に雰囲気予定人数が入るか希望の演出が可能か、などを確認します。

 

3.予約

会場が気に入ればすぐに予約しましょう。

 

他の会場も見てみたい、という場合には仮予約をおすすめします。

 

仮予約は会場によって出来る場合と出来ない場合、その期間も異なりますのでよく確認しておきましょう。

スポンサードリンク

プログラム決定

会場が決定したら、3ヶ月前を目安にプログラムを決めましょう。

 

スピーチを頼む人がいる場合は早めにお願いしておく必要があります。

 

事前に聞いた新郎新婦の希望を取り入れ、時間内に収まるようゲーム余興などプログラムを組みましょう。

 

最終的な決定は新郎新婦にしてもらうとよいかもしれません。

結婚式スピーチ

引用元:https://www.photo-ac.com

 

招待状送付

2次会当日の2ヶ月前まではゲストに招待状を送付します。

 

その方法はハガキ、メール、LINEなど様々な方法がありますが、新郎新婦とよく相談して決めてください。

 

ゲストの情報は個人情報になるので慎重に扱いましょう。

 

返信は1ヶ月前くらいに設定し、人数が確定したら改めて集まる会費の合計を計算します。

 

結婚式のご祝儀の金額については、ココをチェック!
>>結婚式のご祝儀金額で問題発生!友達で値段かわるの?

 

備品・景品などの準備

人数が確定すると集まる会費の合計が分かるので、予算内に収まるよう備品景品プチギフトなどの準備をします。

 

大体1ヶ月前には始めましょう。

 

後で精算できるよう購入したもののレシートは必ず取っておきましょう。

 

また、BGM受付に必要なゲストリストおつり用の小銭電卓などの準備もお忘れなく。

プレゼント

引用元:https://www.photo-ac.com

どうしても困った時におすすめ

とはいえ、結婚式を行う新郎新婦さんと同じように二次会を任された方も仕事や、プライベートの時間もあって、なかなか準備がうまくいかない場合があると思います

忙しくて、気がついたら結婚式まで日がドンドン近づいてプレッシャーが・・・。

 

そんな困った状況を脱出出来るおすすめ方法があります!

 

その方法は、2次会の幹事代行をお願いすること

>>2次会の幹事代行を詳しく知りたいならココから

 

二次会の代行をお願いする事で、仕事などで忙しい友人たちに負担をかけずに二次会の準備をすることが出来ます

 

さらに、自己負担0円の二次会を実現することが可能になっています!

そして、極めつけに司会をプロのお笑い芸人さんを起用出来ます

 

やはりプロのお笑い芸人さんと、素人の司会ではパーティの盛り上がり方も大違いです。

 

より結婚式の二次会を素敵なものに楽しめる最高の思い出が作れると思います!

 

自己負担0円で素敵な思い出を作れる二次会なら、二次代行もおすすめです!

>>2次会の幹事代行の詳細はコチラ
2次会本舗

まとめ

結婚式の二次会の幹事のやることについて、まとめてみましたが調べてみると、とてもやることが多いですね!

更には、かなり前から準備をするので、長期的に時間を使っての予定を組めないといけません。

 

私がやる場合は、全く自信がありませんが、せっかく一生の思い出の結婚式なら、二次会も素敵なものを開催したいですよね。

今は、二次会の代行もあるみたいなので、素敵な思い出つくりに利用してみてくださいね!

 

結婚式の二次会の幹事って何をすればいいの?は以上です。

2次会本舗

 

【関連おすすめ記事】

>>結婚式のご祝儀金額で問題発生!友達で値段かわるの?

>>結婚式の服装はバッチリ!だけどマナー違反の靴とか知ってた?

>>結婚式の服装はそれで大丈夫?気になるマナー男性編

>>6月の結婚ってキチンとした由来があるって知ってた?

>>結婚式にふさわしい服装は!?これってマナー違反?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 大雨
  2. 台風

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。