湿気とおさらば!部屋を快適にするための対策とは!?

Pocket

スポンサードリンク

湿気とおさらば!部屋を快適にするための対策とは!?温かくなってくると気になるのが部屋の湿気ですよね。

 

梅雨の時期や雨が多い日はジメジメして気分も落ち込みがち。

 

湿った空気は嫌な臭いやカビの発生源ともなります。

 

そんな湿気とおさらばするために、ここで部屋を快適にするための対策をご紹介しましょう。

 

【関連おすすめ記事】

>>カビを食べた時はどんな症状が出るの?

>>梅雨を英語であの人にさらっと説明しよう

窓やとびらを開ける

窓や扉を閉めた部屋では湿気は中にこもってしまいます。

 

こまめに窓を開けて空気が移動する流れを作り出し、湿気を外に出すことが大切です。

 

クローゼットやシンクの下、押し入れなども閉めっぱなしではいけません。

 

布団や洋服、置いてある食品などが湿っぽくなり、カビなどが発生する可能性もあるからです。

 

できるだけとびらを開けて中の空気を外に出して新鮮な空気を取り込むようにしましょう。

 

ただし、雨の日は逆に湿気を取り込んでしまうので晴れた日に行いましょう。

スポンサードリンク

エアコンの除湿機能を使う

雨の日など湿気が高い日はエアコンの除湿機能を使いましょう。

 

雨の日で洗濯物を部屋干しているご家庭は、それだけで部屋の湿度をグンと上げてしまっています。

 

エアコンの除湿機能を使うことで部屋の湿度を下げ、洗濯物も乾きやすくなり生乾きの嫌な臭いを抑えることができます。

 

扇風機を使う

湿気を取るには部屋に空気の流れを作り風通しを良くすることが大切です。

 

湿気が多い日には扇風機を使って部屋の空気を循環させましょう。

 

よどんだ空気も流れますし、湿気も抑えることができます。

 

部屋全体に風が行き渡るよう首振り機能を最大に使うとなお効果的です。

扇風機

引用元:https://www.photo-ac.com

湿ったものはすぐにしまわない

人は寝ている間にコップ1杯程度の汗をかきます。

布団はその汗の湿気を吸い取るので、起きてすぐの布団は湿気を帯びています。

 

その布団をすぐに畳んで押し入れに収納してしまうと湿気が外に出ることができません。

必ず布団をはぐって敷布団、掛け布団共に空気が当たるよう少しの間放置し、完全に湿気が取れてから収納するとよいでしょう。

 

窓を開けておくと湿気が取れやすいのでできるだけ開けるようにしましょう。

 

また、一日着た服も、見た目には分かりませんが汗や体温で湿気を帯びています。

脱いだ服はすぐにクローゼットにしまわずに、ハンガーに掛けて半日程度風通しのいい場所に放置してください。

 

その後しまうようにすると湿気が中にこもりません。

スポンサードリンク

除湿グッズを使う

部屋に置くだけの除湿グッズを使うのもひとつの手です。ここでいくつかご紹介しましょう。

 

重曹

除湿効果No.1と言えるのが重曹です。小瓶や小皿に入れて下駄箱や湿気が気になる場所に置いておくだけでOKです。

には無数の小さい穴があいていて湿気をよく吸収します。BBQで余った炭を使っても問題ありません。炭はたわしでよく洗い、天日干しして完全に乾いてから使ってください。

新聞紙

下駄箱の靴の中に入れたり、押し入れに入れたり、使い方はただ入れるだけなのだとても簡単です。新聞紙は湿気をよく吸い取るので雨で濡れた靴の中に入れると早く乾きます。

新聞紙

引用元:https://www.photo-ac.com

まとめ

部屋の湿気を取るには様々な方法があることが分かりましたね。

 

そもそも湿ったものを部屋に置かないというのが大前提ですが、大切なのは「部屋に空気の流れを作ること」です。

 

晴れた日はこもった空気をできるだけ外に出して換気すること、雨の日や湿気が多い日はエアコンの除湿機能扇風機を使って部屋の空気を循環させること、が除湿とおさらばする条件だと言えます。

 

【関連おすすめ記事】

>>カビを食べた時はどんな症状が出るの?

>>梅雨を英語であの人にさらっと説明しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 洗濯
  2. アイスコーヒー
  3. 悩む子犬

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。