ハロウィンのかぼちゃの由来と正式名称をご存知ですか?

ハロウィンかぼちゃ
Pocket

スポンサードリンク

ハロウィンのかぼちゃの由来と正式名称をご存知ですか?

ハロウィンの時期が近づいてくると、街中にコスプレや装飾などが目立つようになってきます。

 

ハロウィンの定番の飾りといえば、かぼちゃですよね。

 

かぼちゃをくり抜いて、お化けの顔をさせたものがイメージできると思います。

 

そもそも何で、ハロウィンにかぼちゃを使うのか由来と正式名称を一緒に調べてみました。

 

【関連記事】

>>ハロウィン仮装は子供に猫が可愛さアップでおすすめ!

>>ハロウィン仮装で人気2018最新の女性向けランキング

>>ハロウィン子供向け簡単仮装はココがポイント3ポイント!

>>ハロウィンコスプレで簡単な男におすすめコスプレ厳選まとめ

>>ハロウィン仮装は子供の男の子には海賊が人気!おすすめのコスプレまとめ

ハロウィンのかぼちゃの由来はなぜ?

元々の由来は、アイルランド、スコットランドに伝わる鬼火のようなものが元のようです。

怠けてばかりの人生を送っていた人が、死んだ後に死後の世界に入ることを拒否されてしまったため、悪魔からもらった石炭に火をつけて、拾ったカブをランタンにして、持ち歩いて彷徨う姿の伝承があり、その話がアメリカに伝わった後に、アメリカで馴染みのあるかぼちゃに変更されたのが由来のようです。

アメリカに伝承したことで、かぼちゃになったので、日本に伝承するのが違っていたら大根だったかもしれませんね。

カブのジャックオーランタン

引用元:https://omatully.com

スポンサードリンク

ハロウィンかぼちゃの正式名称

ハロウィンで飾り付けられるかぼちゃの正式な名称は、「ジャック・オー・ランタン」と言います。

 

日本語に訳すと、吊り下げ式のランプを持っている男という意味です。

 

ジャックオーランタンの話には、先ほどのハロウィンの由来と少し違った由来があります。

悪知恵の働く人が、悪魔を騙して死んでも地獄に行かない契約をした後に、生きてる時の悪行が多すぎて、天国へ拒否されてしまい地獄にも天国にも行けず、彷徨ってカブに憑依して彷徨う姿とも言われています。

これが、由来と言われています。

 

ディズニー映画のナイトメアビフォアクリスマスで登場する、主人公のジャックもハロウィンのジャックオーランタンが由来となっているようです。

スポンサードリンク

仮装にぴったりなかぼちゃコスプレ

せっかくのハロウィンの夜には、かぼちゃのコスプレはいかがでしょうか?

 

かぼちゃのコスプレアイテムは、人気の種類なので色々なものが揃っています。

 

子供向けのコスプレもあるので、親子で一緒に楽しむのもおすすめです。

ハロウィンが終わった後のかぼちゃはどうなるの?

ハロウィンに、本物のかぼちゃでジャックオーランタンを準備したけど、終わった後はどうするんだろう?

 

調べてみると、ハロウィンの飾り付けようにくり抜く種類のかぼちゃは、主に「オータムゴールド」という品種を使用しますが、食べるのには適していないようです。

 

皮は硬いのですが、中をくり抜いてみると中身はぐちゃっとした、日本でいつも食べる定番のかぼちゃとは、まったく違う状態です。

 

かぼちゃではあるので、食べることは可能ですが食べた味の感想はかなりマズイらしいです。

 

ハロウィンかぼちゃの聖地アメリカでは、そもそも食用ではなく、ジャックオーランタン専用のようです。

スポンサードリンク

まとめ

・ハロウィンの由来は、アイルランドやスコットランドの鬼火のようなものが由来

・かぼちゃではなく、カブだった

・ハロウィンのかぼちゃの正式名称は、ジャックオーランタン

・ハロウィンの終わった後のかぼちゃは、食べると美味しくないので食用には向いていない

 

ハロウィンのかぼちゃをお店などでよくみるけど、名前や由来は知らない人が多いのではないでしょうか?

 

ちょっとしたウンチクとして、家族や友人に紹介してもいいですね。

 

ハロウィンのかぼちゃの由来と正式名称は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 着物
  2. 七五三
  3. プレゼント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。