クロネコヤマトが宅配ボックスに入れてくれない本当の理由

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

クロネコヤマトが宅配ボックスに入れてくれない本当の理由最近クロネコヤマトこと
ヤマト運輸関係の話題が熱い。

 

度々ブログで話していますが、
自分は元ヤマトの正社員で5年半以上
働いていた経験がある

 

その時の体験を考えると、
仕事をやめて4年近くたって
今更かよ・・。

 

なんて本音があるのだけど、
ネットを見てると
ヤマト 宅配ボックス 入れてくれない
なんてワードを見つけた。

 

これは、、

 

元ドライバーとして、
絶対に本音を言わせて頂きたい!

そう思って書いてみた

 

なんで宅配ボックスに荷物を入れない?

宅配ボックス。
それがあるだけで、
配達するときの気持ちは楽だった

 

不在でも配達できる。
これは、ヤマトだけでなく佐川でも
郵政でも関係なく救いの神だった

 

では、なぜ配達しないのか?

 

だってクレーム怖いもん←

 

そう。宅急便が一番恐れるのは

クレーム。
時間がとられる、怒られる。

 

ただですら、普段から
休憩も取れずに朝から晩まで
働くのが基本の状態でクレームを
受けると何もできなくなってしまう

 

その結果・・。

クレームを食らう前に
安全策として宅配ボックスを使わない

 

こういった経緯がある。
自分はそうだった。

(会社としても基本ルールは

最初は宅配ボックス使わない)

 

ヤマトは宅配ボックスを入れてくれないは、
ヤマトは宅配ボックスを怖くて入れられないのです。

 

本音でいえば、不在票の配達が
仕事ではないので入れたいのが本音。

スポンサードリンク

ヤマトに宅配ボックスを使わせる方法

とはいえ、せっかくの宅配ボックス。
コレを使ってもらえないのは、
非常にもったいない

 

ココでは、どうやって
配達員に使わせるか実際に
使っていた時の話

 

事前に口頭などで伝えておく

まずは、よくあったパターン。
配達員と直接会った時などに、
今度から宅配ボックスを使っていい

この一言を伝えるだけ。
その一言でヤマト運輸の
情報網にアップされ全国に共有(嘘)

 

地域の2~3人のドライバーに
共有して宅配ボックスを使わせて
いただきます

 

お客さまに言っていただけるのが、
一番助かります(本音)

告白するよりされたほうがいいみたいな
あんな感じ。

 

あらかじめ記載をしておく

こっちは、荷物を注文したり、
再配達の時に使うパターン

 

あらかじめ商品の備考欄等に

不在時宅配ボックス希望。

この記載で大丈夫。

あの手ごわかった配達員も
当然のように宅配ボックスを
使うでしょう

宅配ボックスNGな荷物

それは最後は、ここまで対策を
実行しても宅配ボックスNGな荷物

・冷蔵冷凍のクール
・食品

・生物(虫とかめだか)
・宅配ボックスに入らないもの
・代引きの商品

・破損品(荷物事故)

 

大体は、この商品。
まぁ、食品とか代引きは、
当然の結果。

 

問題は、破損品
コレは、商品に輸送中や配達中に
何らかの問題が発生して、
お客さまに直接確認をしなくては
ならないパターン。

 

この場合は、いくら
再配達で宅配ボックス希望しても
ほぼNG。

 

実際に荷物をみて判断して、
代品手配などの指示を受けるためです

 

もし、配達されないことがあったら
こんな原因をあるかもしれません。

 

まとめ

ヤマトは宅配ボックスに

入れてくれない理由は、

 

・最初は会社の指示や
クレームが怖く使えない

 

・食品や荷物事故などで使えない

こんな理由が考えられる。

 

普段がギリギリだから、
年末とかの繁忙期の時期の
宅配ボックスは本当に
助かってました。

 

国の制度で宅配ボックスを
各家庭に一つ補助してもらえれば、
非常に助かるのに・・。

 

今は、宅配ボックスも簡単に
購入出来るので覗いてみるのもおすすめ

それでは、ヤマトが宅配ボックスを
使わない理由は以上。
では!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エアコン
  2. ギガビッグマック
  3. ハンバーガー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

many-books

おすすめ商品

おすすめカテゴリー記事

  1. エアコン
  2. 汗をかくひと
  3. アイスコーヒー
  4. 情報ネットワーク

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。