七五三でいつ2017年はお参りをすればいいの?早生まれで違う?

この記事は3分で読めます

七五三の女の子
Pocket

スポンサードリンク

七五三でいつ2017年はお参りをすればいいの?早生まれで違う?七五三といえば、華やかな着物を子供が来て、家族で写真を撮影するイメージがあると思います。

私も、幼い時に家族で七五三の写真の撮影をした記憶がうっすらあります。

 

大切な我が子のイベントは、家族で思い出に残していきたいですよね。

今回は、七五三を2017年はいつお参りをするのかと早生まれで変わってくるのか調べてみました。

 

七五三ってそもそもどんなこと?

七五三(しちごさん)とは、その名称のとおりに、子供が七歳、五歳、三歳の時に成長を祝う年中行事となっています。

神社に七五三詣でを行って、神様にご報告、感謝、祈願を行う奉告祭です。

 

男の子は、3歳と5歳
女の子は、3歳と7歳でお祝いする人生でわずか2回だけのお祝いとなっています。

 

江戸幕府五代目将軍の徳川綱吉の長男の徳川徳松の健康を祈ったことが、由来と言われています。

元々は、関東圏の地方風俗でしたが、現在は全国各地でお祝いがされています。

七五三の女の子

引用元:https://www.photo-ac.com

七五三を2017年はいつお参りをするの?

七五三は、一般的なお参りの時期は、毎年11月15日と言われています。

今年の2017年(平成29年)の11月15日は、水曜日(大安)の平日のためなかなか当日に仕事を休んで行くのは、難しいですよね。

 

最近では、家庭の都合などもあり10月中旬から11月中旬の間の時期で七五三のお参りやお祝いをする家庭が多いようです。

そのため、今年も11月15日が難しい場合は、10月中旬から11月中旬の間を目処に演技のいい日に七五三のお参りをしましよう。

スポンサードリンク

2017年オススメの七五三の日

参考までに、10月中旬から11月の間で平日以外の候補日としてオススメの日は、2017年10月28日(土)、11月3日(金)祝日、11月19日(日)、11月25日(土)。

 

この4日は、全て大安のため縁起もいいのでおすすめです。

 

なぜ11月15日なのか

七五三が11月15日と言われている由来には、旧暦の15日からきている説があります。

日本の古くからの行事の多くは、15日に行われることが多く、理由として旧暦の太陰暦では15日付近は、満月のタイミングとなっていて縁起がいいと考えられていたのが由来のようです。

 

他にも、先ほど記載した徳川綱吉の長男の徳川徳松のお祝いが、11月15日に行われたことが由来との説もあります。

どちらもお祝いであることには変わりませんね。

 

ややこしいタイミング

七五三のお参りの時期は、わかったけど三歳、五歳、七歳の七五三のタイミングって満年齢と、数え年のどちらでいいのか悩みますよね。

七五三は、数え年でお参りすることが本来ですが、最近では満年齢でお参りをする家庭も増えているようです。

スポンサードリンク

数え年と満年齢

ややこしい数え年と満年齢ですが、数え年は生まれた年を1歳と考えて、新年を迎えるたびに1年たしていくものとなります。

 

満年齢は、生まれた日を0歳と考えて誕生日を迎えるごとに1つずつ年齡を増やしていく一般的な誕生日のイメージです。

 

ややこしい数え年と満年齢の今年の2017年の七五三をまとめると、

 

数え年

三歳:2015年(平成27年)生まれ
五歳:2013年(平成25年)生まれ
七歳:2011年(平成23年)生まれ

 

満年齢

三歳:2014年(平成26年)生まれ
五歳:2012年(平成24年)生まれ
七歳:2010年(平成22年)生まれ

 

昔ながらの数え年もいいですが、成長を少しでもしている満年齢が七五三におすすめかもしれません。

七五三の男の子

引用元:https://www.photo-ac.com

早生まれの七五三

早生まれの子供の場合は、満年齢でやったり、数え年で七五三をやったり家庭によってそれぞれなようです。

 

七五三のタイミングで、同組のママ友の情報等も参考にしてみるのが良いと思います!

まとめ

・七五三は、子供が三歳、五歳、七歳の時に祝う年中行事
・男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いをする
・七五三は一般的に毎年11月15日ですが、現在は10月中旬から11月中旬が多い
・年齡は、本来数え年ですが、最近は満年齢が多くなっている
・早生まれの場合は、数え年でも満年齢でも家庭によって好きなタイミングで祝っている

 

人生でたった2回しか祝われることのない七五三。

残念ながら祝われる側にとっては、まだ幼いので何で着物を着て写真を取るのかわからないことが多く、私はグズっていた気がします。

 

子供のこれからの健康もしっかりお祈りするために、なるべく縁起の良い日で素敵な七五三をお祝いしてくださいね。

 

七五三でいつ2017年はお参りをすればいいの?早生まれで違う?は以上です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 十五夜の満月
  2. ワイシャツ
  3. ハロウィン
  4. 東京ビッグサイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

many-books

おすすめ商品

おすすめカテゴリー記事

  1. 七草粥
  2. 東京国際展示場
  3. コスメ

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。