文化の日の由来は天皇の誰が関係してるの?

この記事は2分で読めます

文化の日
Pocket

スポンサードリンク

文化の日の由来は天皇の誰が関係してるの?

文化の日といえば、学校や会社の休みが多い祝日です。

 

休めてラッキーと感じる人も多いと思います。

 

しかし、文化の日って本当はどんな日なんだろう。

 

日本の文化に対しての日なのか、そもそも歴代の天皇様の誕生日何だろうか?

 

今回は、文化の日の由来と天皇の誰が関係してるのか調べてみました。

 

文化の日とは

文化の日は、毎年11月3日に固定されている国民の祝日です。

 

日付が固定されているため、最近の3連休になるように日にちの変更などはありません。

 

毎年決まった日が休みなので、ある意味予定が立てやすい日ですね。

 

文化の日の由来

文化の日は、戦後に定められた祝日です。

 

文化の日として、定められる前は明治節という祝日として扱われていました。

 

文化の日は、自由と平和を愛し、文化をすすめる日として意味が込められています。

 

現在、文化の日となっている11月3日は、1946年に日本国憲法が交付された日です。

 

日本国憲法は、平和と文化を願ったもののため、この日が文化の日の由来となりました。

 

実際に、日本国憲法が施行された5月3日は、現在も祝日となっている憲法記念日がそうです。

スポンサードリンク

天皇の誰が関係してる?

文化の日は、日本国憲法が交付された日。

そう聞くと、歴代の天皇様が全く関係していないように聞こえます。

 

しかし、文化の日になる前の「明治節」は、大きく天皇様に関係をしています。

 

元々の明治節とは、明治天皇の誕生日のことを言いました。

 

明治節が誕生した由来は、明治天皇がお亡くなりになった(崩御)後に、明治天皇の誕生日であった11月3日を祝日にしたいとの、国民の非常に強い要望があったため明治節が誕生したようです。

 

その後、第二次世界大戦で日本が敗戦を迎えた後に、GHQによって日本の弱体化を狙うために、天皇や神道に関するものを排除しようとした際に、明治節も廃止をされました。

 

しかし、日本政府は明治節を残すために、日本国憲法を11月3日に交付して、文化の日として明治節を残しました。

 

この一連の流れが、文化の日が誕生した由来と言われています。

まとめ

・文化の日は、自由と平和を愛し文化をすすめる日とした意味が込められている

・文化の日の由来は、1946年11月3日に日本国憲法が交付されたため

・文化の日になる前は、明治節として祝日になっていた

・明治節は、明治天皇の誕生日のこと

・第二次世界大戦の敗戦後に、明治節を廃止されそうだったのを文化の日として残した由来もある

 

文化の日の由来を調べてみると、日本政府の巧妙な意味が込められていたようですね。

 

こんな風な裏の意味とかを知ってみると、すごくかっこいい秘密を知った気になってきますね。

 

文化の日の由来は天皇の誰が関係してるの?は以上です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 虫取りあみ
  2. 借りぐらしのアリエッティ
  3. 風

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

many-books

おすすめ商品

おすすめカテゴリー記事

  1. 受賞
  2. 風
  3. 経営コンサルタント
  4. キャンピングカー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。