七夕の由来を子ども向けと高齢者向けに説明してみよう!

この記事は3分で読めます

Pocket

スポンサードリンク

七夕の由来を子ども向けと高齢者向けに説明してみよう!

毎年7月7日は七夕です。

七夕といえば、織姫と彦星が一年に一度だけ天の川を変えて一緒になれる日として有名だと思います。

 

地域によっては、大規模な七夕のお祭りや商店街や学校などでは短冊などに願い事を書いたりすることがあると思います。

 

大体の流れが知られている七夕の由来を子供向けや高齢者向けに一緒に楽しむために説明するならどうすればいいだろう?

 

今回疑問を調べてみました。

 

七夕とは?

七夕は、中国、日本、韓国、ベトナムなどのアジア方面における年中行事となっています。

 

旧暦では、7月7日の夜となっています。

 

日本では、旧暦の7月15日前後のお盆の時期と関連がある年中行事としていましたが、明治改暦以降はお盆の時期が8月15日前後に行われることが多くなったため、新暦の7月7日や月遅れの8月7日の前後などに開催されるようになりました。

 

七夕の由来

七夕の由来を調べてみると、じつは由来は冒頭に話した織姫と彦星の話を含めて3つあるようです。

 

それぞれ紹介していきます。

 

織姫と彦星

まずは、一般的によく知られている織姫と彦星が由来。

 

琴座のベガの織姫とわし座のアルタイルの彦星。

 

この2つの星は、7月7日の七夕の日に天の川を挟んで最も光り輝くと言われています。

 

話としては、元々働き者だった織姫と彦星が結婚した後、まったく働くなってしまったことに怒った織姫の父が2人を離れ離れにさせました。

 

元のように真面目に働くなら一年に一度だけあってもいいと言われたのが、織姫と彦星の話です。

天の川

引用元:https://www.photo-ac.com

日本古来の神事「棚機」(たなばた)

棚機(たなばた)とは、日本の古い禊(みそぎ)行事として、若い女性が着物を織り、棚に飾り、神様を迎えて豊作や人々の穢れなどを払う行事としていました。

 

この時に、若い女性が着物を織るために使用したものを棚機でした。

 

現在の七夕がたなばたと呼ばれる由来は、ここから来ていると言われています。

 

乞巧奠(きこうでん)

乞巧奠(きこうでん)とは、中国の行事です。

 

7月7日に織女星(しょくじょせい)に祈ることで、機織りや裁縫が上達するように祈った風習が乞巧奠です。

 

この時に祈っていた織女星こそ織姫のベガのことを指しています。

 

この乞巧奠が日本に伝わったことで由来になったとも言われています。

スポンサードリンク

子供向けに説明してみる

子供向けに説明するには、わかりやすくて登場人物がいた方が楽しめますよね。

 

子供向けには、やはり織姫と彦星の話を説明するのがいいと思います。

 

昔々、おりひめとひこぼしという若者がいました。

 

二人とも、すごく働き者で毎日たくさん働いていました。

 

しかし織姫のお父さんは、毎日働いてばかりのおりひめがかわいそうでした。

 

お父さんは、働き者の彦星を他の人に教えてもらいました。

 

彦星に織姫と結婚してほしいとお願いしました。

 

こうして、織姫と彦星は結婚しました。

 

しかし、織姫と彦星はお互いを好きになりすぎて毎日天の川でお話ししてばかり。

 

働き者だった二人は、全く働くなってしまいました。

 

すっかり働くなった二人に織姫のお父さんは、すごく怒りました。

 

二人は離れ離れになって、簡単に会えなくなってしまいました。

 

お父さんは、毎日悲しむ織姫がかわいそうになり、また二人で会いたいならキチンと働くようになれば、七夕の夜に一度だけ会ってもいいと言ってくれました。

 

それから二人は、七夕に会えるように一生懸命働くようになりました。

 

子供向けには、こんな説明でいかがでしょうか?

 

子供向けに読み聞かせができるCDもあるみたいです。

寝る前の読み聞かせに流してみるのも便利でおすすめです。

高齢者向けに説明してみる

高齢者向けに説明するのであれば、小さい時に聞いていた話もあると思うので簡潔に流れを説明するのでもいいと思います。

 

簡潔に説明するのであれば、先ほどの織姫と彦星で説明した内容。

 

元々働き者だった織姫と彦星。

毎日、働くだけで出会い家にこもってばかりの織姫を心配した父親が真面目な彦星に娘との結婚を提案しました。

 

彦星は、この提案を喜んで承諾して織姫と彦星は夫婦になりました。

 

しかし、結婚した後の二人は以前の働き者とは違い、毎日天の川のほとりで話してばかりの1日を過ごしてばかりでした。

 

すっかり働くなった二人に織姫の父は、怒り狂って二人を天の川を挟んで二度と会えないように離れ離れにしました。

 

その後、元のように真面目に働くなら一年に一度だけあってもいいと父の許しがあり会えるようになりました。

 

二人は、働くなってしまったことで毎日会えなくなってしまいました。

 

こんな雰囲気でいかがでしょうか?

 

簡潔で話しながら子供向けとは、違った表現などでわかりやすいと思います。

 

まとめ

・七夕とは、アジア諸国を中心とした行事です

・七夕の由来は3つあります

・織姫と彦星の話、棚機(たなばた)、乞巧奠(きこうでん)の3つが由来と言われています

 

七夕の由来は意外と多くありましたが、よく知られている話が物語になっていて楽しいですよね。

 

僕も昔から馴染みのある、織姫と彦星の話が一番しっくりきて好みでした。

 

多くの人が知ってる七夕の由来を子供や高齢者の方と一緒に楽しみながら、七夕を過ごしたいですね。

 

七夕の由来を子ども向けと高齢者向けは以上です。

 

 

関連動画

 

日本の3大七夕祭り調べたら4つあるんだけど

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. クリスマス女の子
  2. 敬老の日プレゼント
  3. 七五三参りの親子
  4. 東京ビッグサイト
  5. ハロウィン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

many-books

おすすめ商品

おすすめカテゴリー記事

  1. ジャックオーランタン
  2. コスプレ赤ちゃん
  3. お歳暮

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。