エナジードリンクが危険な理由を知ると飲むのが怖くなるけど大丈夫?

この記事は3分で読めます

悩む人
Pocket

スポンサードリンク

エナジードリンクが危険な理由を知ると飲むのが怖くなるけど大丈夫?ちょっと眠い時や元気が無い時にはエナジードリンクを飲みたくなりますよね。

僕もよくお世話になっています。

 

最近、ご当地のエナジードリンクや各社から色々な種類が発売されてますが、実はエナジードリンクを飲み過ぎると副作用がヤバイってご存知ですか

 

気軽に飲めるエナジードリンクの危険な理由をまとめてみました。

 

エナジードリンクとは?

エナジードリンクは分類は、清涼飲料水ににあたります。

有名なリポビタンDやアリナミンVなどは、栄養ドリンクで「医薬部外品」になるのでエナジードリンクと栄養ドリンクは別物となります。

 

エナジードリンクは栄養ドリンクと違って、滋養強壮や栄養補給などの表示は出来ません。

 

各社で独自の配分によって売るポイントなどがありますが、外国産のエナジードリンクの場合は日本でそのまま販売が出来ない場合もあります。

 

その場合は、日本用に成分を変更して販売される場合もあります。

 

エナジードリンクの怖すぎる副作用

エナジードリンクが危険と言われているのには、含まれている成分の過剰な摂取をした結果が非常に危険なことが原因です。

 

エナジードリンクには、「糖分」と「カフェイン」が多量に含まれています

 

糖分の含有量

糖分は体にとって必要な成分ではありますが、やはり摂り過ぎは良い結果を残しません。

1日で糖分の摂取量の目安は、約25gです。

 

レッドブルやモンスターのような有名なエナジードリンクに含まれる糖分の含有量は、100mlあたりにたいして10g前後となっています。

 

炭酸の抜けた後のコーラは甘すぎて飲めたもんじゃない。で、一部で有名なコーラが100mlあたりで11.3mgなので数値がほぼ変わらないだけで、どれほど甘すぎて糖分が入っているのか想像がしやすいのではないでしょうか?

 

エナジードリンクを一本飲むだけであっという間に必要な糖分をオーバーしてしまいます。

 

糖分を過剰に摂り過ぎると、糖尿病はもちろんのことですが他にも

 

・記憶力の低下
・鬱病リスクアップ
・老化の促進
・内臓や血管への負担

 

など体への影響が大きく、健康を損なう可能性が著しく高いので注意です。

スポンサードリンク

カフェインの含有量

眠気覚ましには、カフェインを含む飲み物を飲みますよね?

カフェインには、脳を覚醒させて夜更かしや疲労時の起爆剤として効果があります。

 

エナジードリンクに含まれるカフェインの含有量は、平均して80~160mgと多めです。

 

かなり多いものだと、300mg以上含まれる商品もあるほどです。

 

このカフェインの量は、一般的な紅茶一杯で約30mg。
コーヒー一杯で約40~100mg。

 

エナジードリンクのカフェインの量は、紅茶などの約2倍以上含まれるかなり多いことがわかります。

 

カフェインの過剰な摂取は、心臓麻痺やけいれん。
大きな病気を引き起こす可能性があります。

 

うまく副作用を減らして飲める方法

ここまではエナジードリンクの危険な副作用について記載を記載してきましたが別にエナジードリンクを飲むこと自体は悪いことではありません。

 

うまく使うことができれば、便利な飲み物であることも確かです。

ここでは、危険な副作用を起こさないためのおすすめの飲み方を紹介していきます。

スポンサードリンク

食後に飲む

食後の食べ物と一緒に吸収されることで、効率が格段に上がるようです。

空腹時に摂取すると逆に胃を荒らしてしまうこともあるようです。

 

ポカリスエットと一緒に飲む

実は、エナジードリンクとポカリスエットを一緒に飲むと効果が格段にあがります。

 

エナジーポカリの作り方

 

① 500mlのポカリをラベルの上側まで飲む
② 減った量エナジードリンクを入れる
③ 炭酸が泡立たないように軽く振る

 

以上の手順で簡単に作れるので試してみてください!

試した人の話によると、エナジードリンク独特の元気が突然抜ける感覚がなくなるみたいです。

 

反動を感じることなくパワーアップを使えるなんて無敵ですね笑

重要な仕事などの30分前に飲む

重要な仕事の際に、眠気は避けたいもの。

エナジードリンクを30分前に摂取しておくことで、眠気を抑えることができます。

 

飲んでから大体30分ほどで効果があるので、30分前がベストなタイミングです。

 

睡眠前

目が覚めるエナジードリンクを寝る前に飲んだら寝れないよ!

そんな声が聞こえてきそうですが、ノンカフェインタイプを選べば安心。

 

眠って疲労回復をエナジードリンクが更に効率よくしてくれます。

まとめ

・エナジードリンクは栄養ドリンクとは違う
・恐ろしい副作用は、糖分とカフェインが原因
・糖分は飲み過ぎることで糖尿病などのリスク
・カフェインは摂り過ぎることで、心臓麻痺や重大な病気のリスク
・エナジードリンクはうまく飲めば素晴らしい効果がある

 

コンビニなどで気軽に変えるエナジードリンク。

ついつい飲みやすくて飲みたくなりますが、飲み過ぎると危険な罠がありました。

 

飲み過ぎには注意したいですね。

 

エナジードリンクが危険な理由は以上です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プロレス
  2. ペンギン
  3. 料理店風景

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

many-books

おすすめ商品

おすすめカテゴリー記事

  1. 受賞
  2. 風
  3. 経営コンサルタント
  4. キャンピングカー

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。