汗の臭い対策を男は最低限しないとヤバい

この記事は4分で読めます

汗をかくひと
Pocket

スポンサードリンク

汗の臭い対策を男は最低限しないとヤバい

気温が高くなったり、遅刻しそうな時に全力疾走などをすると身体から出る汗。

 

あなたはきちんと汗の対策をしていますか?

 

6月辺りの蒸し暑さが始まる辺りで電車に乗った時のあの臭い。

周りにとって非常に不快です。

 

今回は、汗の臭い対策を男で最低限守って欲しいポイントをまとめてみました。

 

汗が臭い原因

汗をかくと臭くなるのは、実は汗が一番の原因ではありません。

 

一般的な汗が臭い原因は、皮脂や垢などの汚れなどの細菌が原因です。

汗は本来無臭で臭いはないと言われています。

 

しかし、汗をかいて時間が経って皮膚の上で汚れと混ざってしまって細菌の餌として分解されてしまいます。

その結果として、汗の臭いが発生する原因となっています。

 

男のための汗の臭い対策

汗の臭い対策を男で押さえるポイントとしては、臭くなる前にこまめにケアをすることです。

 

対策を紹介していきます。

 

汗の拭きかた

汗の臭いの原因でも記載をしましたが、汗をかいてから時間がたつことで臭いが発生します。

 

嫌な臭いに変化するまでの目安の時間が大体1~2時間と言われています。

そのために1,2時間ごとにこまめに汗を拭くようにしましょう。

 

さらにポイントとしては、汗を拭く時に完全に汗を拭き取ってしまうと、また汗をかいてしまいます。

 

汗を拭く前に一度タオルを水などで濡らしてから絞ったもので拭くのがおすすめです。

スポンサードリンク

制汗剤を使う

スポーツや部活で制汗剤を使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

制汗剤は、なるべく男性専用のものを使用していきましょう。

 

汗の対策として一番効果が期待できるのは、汗をかいた時ではなく、汗をかいていないときに制汗剤を使うのがおすすめです。

 

制汗剤には主に2つの効果があります。

 

・汗の量を抑える効果

・雑菌を抑えて繁殖を防ぐ臭い予防

 

現在は、両方の効果を併用できるものをあるので、購入する前にきちんと確認をしておきましょう。

 

こちらの商品は、2種類の効果を併用できるのでおすすめです。

制汗クリームか制汗シートを使い分ける

制汗クリームと制汗シートは、自分の汗の臭いレベルにあわせて使い分けていきましょう。

 

制汗クリームは、直接塗るため一番殺菌効果や汗の分泌を抑えることができますが、必要以上に使うことによって肌に必要な菌まで殺菌してしまう可能性があります

 

特に体臭やワキガほどでなければ、汗をかいた時などにこまめに制汗シートで汗の臭い対策をしていくのがおすすめです。

男性と女性の汗の臭いに差はあるの?

汗は、男性と女性の性別関係なく出る身体の正常な現象です。

 

しかし、日常生活を送っていると女性よりも男性に不快臭を出してる人が多い印象を受けます。

 

男性と女性の汗の臭いに差があるのか調べてみると、まず男性に比べて女性の方が汗をかく量が少なくなっています

 

これは、男性の方が体温が上がると女性よりも早く発汗するためです。

 

 

また臭いですが、男性は女性と比べて皮脂が多いために脂っぽい臭いを発生しやすくなっています。

 

その結果、夏の電車などで感じるあの独特な不快臭の原因に臭いが発生します。

 

女性も臭いが発生しないわけではありませんが、元々多くの女性が汗をかかないように心がけていたり、男性に比べて対策をしている人が多いため男性の方が臭く感じるようです。

スポンサードリンク

服の汗の臭い対策

身体の汗対策の次は、服の汗対策をしていきたいところ。

 

男性の服での汗の臭い対策としては、まず通気性の高いインナーを着ましょう

暑いからTシャツ一枚が限度。

 

私も暑がりなので、非常に気持ちはわかります。

ですが、インナーを着ることで汗をインナーが吸収してくれます

 

さらに乾きやすいものを選んでおくことで、快適に過ごすことができます。

 

また、Tシャツ一枚だけを着るよりも衣類のダメージも減るので長持ちするメリットもあるのでオススメです。

 

また臭いとは、直接の関係はありませんが、着る服の色はグレーや赤などの水などかかった時にわかりやすく色が変わるものは避けた方がいいです。

 

この傾向の色を避けることで、汗をかいた時に汗によるシミなども気にせずに生活ができます。

 

女性にアンケートを取ったところ、汗のシミがあるだけでも汗臭いと印象を持たれてしまうようなので見た目からも対策をしていきましょう!

夏場と冬場の汗の違い

夏場にかく汗と冬場にかく汗だと、冬の方が臭い傾向にあるようです。

 

原因としては、夏場は汗の対策をしていることが多いのですが、冬はなかなか汗をかかないために汗の対策をしていません。

 

また水分の摂取量も夏に比べて、冬は大幅に減る人が多いため身体の中の塩分濃度が高くなることで汗の臭いの原因が多く出るようになります。

 

さらに服装も寒い時期は、着込むことで臭いがこもるので上着を脱いだ時に中で溜まった臭いが一気に解放。

 

その結果、夏場より冬場の汗の方が臭いことが多いようです。

 

まとめ

・汗の臭い原因は、汗をかいたあとに雑菌が繁殖するのが原因

・汗に本来臭いはない

・汗の臭い対策は、1、2時間ごとにこまめに汗を拭く

・制汗剤を効果に合わせて選んで使用をする

・制汗クリームを使いすぎることで、必要な菌も殺菌してしまうので注意

・女性に比べて男性の方が皮脂を含んだ汗になるので臭い傾向

・服の汗の対策は、インナーを着る

・夏場よりも冬の方が汗は臭い

 

汗の臭い対策をしっかりして、男のかっこよさをあげていきましょう!

汗の臭い対策の男のワンポイントは以上です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 夏バテ白くま
  2. アイスコーヒー
  3. エアコン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

20141230_115512 管理人のプロフィールはコチラ Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

many-books

おすすめ商品

おすすめカテゴリー記事

  1. エアコン
  2. 汗をかくひと
  3. アイスコーヒー
  4. 情報ネットワーク

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。